« 夏の贅沢 | トップページ | 三たびマフィンを焼いてみた »

2011年8月 9日 (火)

そのサービス、本当に使ってほしいと思ってる?

弊社の業務PCがiMacであることは以前このブログにアップした通りですが、あわせてiPadも購入しましたhappy01 これで移動中の仕事もばっちりだし、ペーパーレス化も推進できるはず。まだうまく使いこなせていないんだけどねcoldsweats01

で、iPadには、某社提供の2年間の無料WiFiサービスがついていたので、先日、外出前にその設定をしてみました。

これが非常に長く険しい道のりで、設定を終えて思ったことはただ一つ。

某社さん、ほんとは、このサービスは誰にも使ってほしくないんでしょ?

あまり批判めいたことは書きたくないのですが、情報提供のお粗末さに驚いたし、他にiPadを使う人の参考になるかもしれないので、以下、長く険しい道のりをダイジェストでご紹介します。

-------------------------------------

まず、某社ホームページに掲載してある設定方法を見ると某社直営店で iPad を買った場合の説明が記載されています。箱の裏に貼ってあるシールに印刷されているQRコードを携帯で読み込んで、その携帯から空メールを送信して云々。操作例として掲載されている携帯は、いわゆるガラケーです。

あれ、某社さんはiPhoneを販売しているはずだし、そのユーザーがiPadを購入する可能性はかなり高いと思うんだけど、何故iPhoneじゃないのでしょ? iPhoneでの操作も併記してもよいはずなのに。

そもそもiPadのWiFi設定なのに、何故に携帯電話で設定しなければならないのか、それも納得しかねるしー。

それはさておき、私の場合、某果物会社直営店からの購入だったため、箱の裏にシールは貼ってありませんでした。

...最初からコケてるやんcoldsweats02

その後、某果物会社からの出荷のお知らせメールに無料WiFi設定のためのURLが記載されているという情報をつかみ、今度は iPhone からそのURLにアクセスしたのですが、あれれ、サーバーエラーでつながらないよ。なんてこと〜(その後、その時は3Gの電波ではなく、オフィスのWiFiを使っていたためアクセスできなかったということが判明。だったら設定方法の注意事項にそう書いておいてくれればよいのに)

しょうがないので、問い合わせ先の電話番号にかけてみたら、用向きによって振り分ける案内に、iPadでのWiFi設定が入っていませんでした。しょうがないから携帯電話の設定という番号を押して待つこと数分、やっとつながりました。

で、空メールの送信先アドレスを教えてもらい、そこに直接メールをすることにしたのですが「携帯電話のMMS/SMSのアドレスが必要です」とのこと。知らんよ、そんなもん。だって私の携帯のメアドはi.****.jpだもん。SMSは相手の電話番号に送信されるし、自分のMMS/SMSのアドレスなんて iPhone 上のどこにも表示されてないよ!?!

そこでさらに聞いてみたら「MMS/SMSのアドレスが分からなければ、別途問い合わせ窓口に聞いてくれ」とおっしゃる。なんだかね。。。

しょうがないので、またもや調べてなんとか自分のMMS/SMSのアドレスを見つけ、設定を終えました。

ふー、やれやれ。ご親切な方々が、それぞれネットにご自身の設定体験を載せておいてくださったおかげで、私もなんとか設定することができました。

っっって、そもそもサービスを提供する側が提供する情報なんじゃなかろうか?
-------------------------------------

・・・とげんなりしていたら、その後、さらに別のところで「ほんとはこの商品、買ってほしくないんでしょ?」と思わざるを得ないサービスに遭遇しました。これだけ物が売れない、サービスが売れないと言っておきながら、「あんた、ほんとは売る気ないんじゃろ?」と言いたくなるような仕組みが残っているところにビックリです。これについては、後日気が向いたらブログに書くかも?


« 夏の贅沢 | トップページ | 三たびマフィンを焼いてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/52432808

この記事へのトラックバック一覧です: そのサービス、本当に使ってほしいと思ってる?:

« 夏の贅沢 | トップページ | 三たびマフィンを焼いてみた »