« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

引っ越しアゲイン

つい先日引っ越しを終えてようやく落ち着いたと思いきや、また引っ越しですgawk

今度は同じフロア内の移動なので、さしたる負荷ではありませんが、それでもちょっとばたばたしてます。

週末の間に工事が入るため今日の夕方から閉館となり、あらたに10/3から、レンタルデスク後期契約が始まります。後期から新規に入居される人たちが多数いらっしゃるので、少し賑わいを増しそうhappy01

2011年9月20日 (火)

引っ越し完了

2日かけて荷物を移動し、引っ越しが完了しましたhappy01

新しい場所は、コピー機やロッカーの移動が間に合わず、まだ急ごしらえな感じですが、自席周りは落ち着きました。こんな感じ!

Office

前よりちょっと狭いけど、まあ、快適です。

で、早速仕事を始めたら、なぜか急にメールを送信できなくなりました。いろいろ調べてみたら25番ポートのブロックだということが判明。

旧レンタルデスクと新レンタルデスクではネット回線のプロバイダーが異なっていて、新レンタルデスクのプロバイダーでは25番ポートがブロックされるようになっているとのこと。

そういえば、前の勤務先で25番ポートがブロックされた時の対応コンテンツを作成したっけ、とちょっと懐かしくなりましたcatface

2011年9月16日 (金)

法人会

法人会主催の新設法人向け税務セミナーに行ってきました。

本題の前に、法人会紹介のビデオが映し出されるのですが、これが、なかなかおもしろいhappy01

いかにも工場を経営してまっせな親父さんが出てきて、社長室でゴルフの素振りをしたり、ゴルフ代を交際費で落とせと経理部長に迫ったり、経理部賞が専務(社長の奥さん)に泣きついたりと、一昔前のザ・中小企業。で、法人会に入るといいことがあるよ〜と続くのですが、その展開もなんとなくバブル期風。一昔前の感じです。

税務の説明よりも、こっちのビデオの方がインパクトが強かったかもcoldsweats01

2011年9月15日 (木)

引っ越し中〜

某ビルの3階にあったレンタルデスクが、管理側の事情で隣のビルの3階に移動することになりました。それに伴い、現在引っ越し中〜

今入居しているビル>エレベータがあるhappy01
これから入居するビル>エレベータがないgawk

普通は階段を利用するワタクシですが、さすがにiMacを抱えての階段の上り下りはツライ。他にもロゴ入り紙袋の箱やティッシュの箱の運搬もあって何往復もすると、まさに満身的汗(中国語的表現をしてみた)。

今後もし自分のオフィスを借りることがあれば、エレベータ付きの物件にしようと決めましたcatface

2011年9月14日 (水)

向き不向き

9月のお習字のお題は「飲渓人家」。梅堯臣の「魯山山行」という漢詩の一節です。

お習字教室では、初心者はまず楷書から始め、ある程度上達してから行書や草書に取り組みます。私はド初心者なので、いつものように楷書を練習していました。すると私のド下手な字を見た先生が「たぶん行書の方が向いている」とおっしゃる。

ほんと〜???

半信半疑で同じ課題の行書を書いてみたら...

意外にいけてるcoldsweats02

楷書の時は一画一画気をつかって書いていたので、かえって無駄な力が入り、字としての勢いを失っていました。が、行書になったら、ある程度勢いをつけて自由に書くので字に勢いがついたし、形も楷書ほどかっちりしていないところが私の大雑把な性格にあったみたいcoldsweats01 まさに向き不向きを実感しました。

ということで、しばらく行書を練習することになリました。目指すは草書の達人!?!

2011年9月13日 (火)

試作品ほぼ完成!

夏の間、試作を重ねること数回。ようやくほぼ完成した、地産品をいかした食品がこれ。

Toma

(企業秘密のためモザイク処理をほどこしていますcoldsweats01)

一言で表すと、美肌効果のあるスイーツnote しかも低カロリーでダイエット効果もあります。

現在モニター募集中、と書きたいところですが、安定性と保存性の観点から、まだまだクリアしなければならない課題があります...

今は、何も添加物を入れていません。そうすると驚くほど持たないのですよ... 室温に30分置いただけでデロデロになり、再冷蔵すると味が劣化します。しかし美容健康効果のある食品に保存料や安定剤などの添加物は入れたくないし。悩みますなあ。。。

そして思う。世の中の、工場加工〜長距離輸送〜店頭と長いプロセスを経て販売される食品には、どれほどの添加物が入っているのかと。添加物自体は、安定した品質のために必要となる物なので否定しません。ですが、個人的には、店の奥で作られたものを店頭で買って、徒歩で持ち帰ってすぐ消費というスタイルが好きかな〜

もうちょっと改良をはかりますcatface

2011年9月12日 (月)

トンネルを抜けると...

この間出かけた勝沼には、トンネル遊歩道があります。現在は使われていないトンネルが遊歩道になっているのですが、線路を歩いてトンネルを抜ける経験ができて、なかなか楽しいのです。しかも、トンネルの中は暗くて、適度に湿っぽく、ひんやりしていて、私にとっては至極快適coldsweats01

Ton

平坦なトンネル内を30分ほどを歩いて抜けると、そこは葡萄畑。さらに別のトンネルがが目の前にあるのですが、こちらはワイン貯蔵庫として使われているそうです。確かに、暗くて、適度に湿っぽく、ひんやりしているところはワインの貯蔵にぴったり。こういう既存施設の活用法っていいですねcatface

さすが日本の一大ワイン産地。いろいろ学ぶところが多い旅でした。

2011年9月11日 (日)

講師依頼

恥ずかしながら、会社設立に関するレクチャーの講師を担当させていただくことになりましたcoldsweats01

現在募集中の三鷹ベンチャーカレッジの講義の一つで、自らの体験をもとに自力で行う会社設立というテーマでお話をさせていただくことになりました。こんなぴよぴよのひよっこに勿体無い依頼をいただき、ありがとうございます。

実は。。。

起業塾やビジネスプランコンペティションに出場して起業した人の中で、司法書士さんなどの専門家を頼まず、自力で法人登記をしたのはワタクシ一人だったようでなのです。それが今回の依頼につながりました。汗だくになって自転車で法務局に行った経験が役立つなんて、ちょっと嬉しいcoldsweats01

ちなみに、自力での法人設立は、誰にでもできます。オカネが十分にある and/or 時間がない場合は専門家に依頼してもよいのですが、公証人役場とか法務局とか、普段足を運ばないようなところに出かけるので、社会勉強のために自力でやってみることをオススメします!

2011年9月10日 (土)

紅一点

この間、中小企業整備基盤機構で行われたケース勉強会に行ってきました。

会場に入ってびっくり。大体40名ほどの参加者の中で女性はワタクシ一人coldsweats02

この勉強会では、実際の中小企業を題材にし、経営戦略などを議論しました。色々な人が色々な意見を言うのですが、個人差の他に、なんとなく性別や世代による特徴もあるような???

議論そのものはとても勉強になりました。同時に、もっと経営に参画する女性が増えてもいいんじゃないかなとも感じました。

個人的な見解ですが、どちらかというと男性が最初に大きな絵を描くビジネスプランで売り上げや利益率を気にするのに対し、女性は身近なところから積み上げていくビジネスプランで顧客や従業員の満足度を意識する人が多いように思えます。

1990年代までの日本では、壮大なビジネスプランで拡大戦略を取るのも十分可能でした。しかし今は、人口が減り、産業の空洞化が進み、高齢化が進展しています。そこで競合と熾烈な戦いを繰り広げ、拡大戦略を取るやり方もありますが、犠牲になるものも多そう。例えば従業員満足度とかね。そうじゃない生き残り方というのは必ずあるはずで、そういうことを身の回りの視点から指摘して経営に生かしてもいいはずだし、おそらくそれは女性のほうが得意なのかも?

こういう勉強会にもっと女性参加者が増えることを願ってますcatface

2011年9月 9日 (金)

節電目標達成!

自宅の7月分の電気使用量は、前年同月に比べてマイナス15%でした。そして8月分はなんとマイナス30%。

これって、政府が提唱している節電目標達成!?!

節約目的で節電してましたが、結果が出てちょっと嬉しいかもcatface

2011年9月 8日 (木)

久々の風邪

変な菌には感染しても風邪をひかないのが自慢だったのに、なぜか、今朝から風邪症状が出ております... 昨日は元気にプールで泳いでいたのにいったい何故?

念のためしばらく養生します。。。weep

2011年9月 7日 (水)

甲州の可能性

趣味と実益をかねて、勝沼ワイナリー巡りに出かけてきましたhappy01

実際にぶどう畑の間の道を歩きながら、樹になっているぶどうを見たり、斜面の様子を見たり、ぶどう棚を見たりと、よく歩き、汗だくになり、筋肉痛になりましたcoldsweats01

で、色々学んだことは多いのですが、今回最も大きな収穫と言えるのは甲州という葡萄のポテンシャルを発見できたこと。

甲州という品種は日本固有の品種で、食用としてもワイン用としても栽培されている葡萄です。実は食用とワイン用とでは必要となる糖度が異なるため、食用となる葡萄を使ってのワイン作りは難しいのです。それでも、作り手の努力と挑戦が実り、近年、甲州で作ったワインが世界的に評価され始めました。

勝沼では勝沼醸造さんのワイナリーツアーで、甲州で醸造したワインを何種類かテイスティングさせてもらいました。クリアなもの、樽熟成で風味をつけたもの、敢えて澱の上で熟成させてコクを出すもの(シュール・リーという製法)、それぞれに味わいがあっておもしろい。で、その中で明らかに甲州らしくないテイストを持つワインが一本。。。

それが「ARUGABRANCA VINHAL ISSEHARA」。特定の場所の特定の生産者で作られた葡萄で作ると、なぜかパッションフルーツだったりマンゴーだったりという甲州らしからぬテイストになるそうです。不思議〜catface

写真は色づき始めた甲州葡萄。皮の色がもっと赤くなってから収穫するんだそうです。

Koshu

これから色々な栽培方法が試されたり、土壌研究がなされたり、醸造法が試されたりして、世界に羽ばたける甲州ワインが出てくるといいなーhappy01  甲州にはそんな可能性が秘められていると実感しました。一人のワイン好きとして応援しています。

2011年9月 6日 (火)

資本回転率

夏の間、セミナーやワークショップを開催できる会場探しにあちこちを回っていました。いろいろ見学させてもらう中で私の頭に浮かんだ言葉は「資本回転率」の五文字。

オーナーがその場所をオフィスなり会議室なりイベントスペースなりに整えて貸し出しを始めるまでには、それなりの資本が投下されています。それをどうにかして回収していかなくてならないのですが、その捉え方や対処法に時代の流れを感じます。

以前は、オフィスだったら長期契約、会議室やイベントスペースだったら固定のお客さんをつけて長いおつきあいをするのが望ましいやり方でしたし、今もこのスタイルを堅持しているところは数多くあります。これはこれで、長期や固定のお客さんがつけば安定的な収益になるので、問題ありません。

問題は、長期や固定のお客さんがつかなかった場合や何らかの事情で離れてしまった場合。借り手のいない場所でも維持費はかかるので、せっかく投下した資本が目減りしてしていってしまいます。

そこで、短期や新規需要に対応する方策が取られるわけですが、例えばオフィススペースを小分けにして複数の人に短期で貸し出したり(レンタルデスクの形態)、さらにその小分けのスペースを日/時間単位で貸し出したりというのは、回転率をあげて、今までとは異なった顧客を開拓する一つの妙案と思います。あるいは、オフィススペースを改装し多目的イベントスペースに転用して新規の顧客を開拓するのも一つの方法です(設備投資が必要だけど)。ビジネス用途の場合は、、最新のIT機器に対応できる設備にすることも必要と思います。そして、ネットに情報を出し、ネットから予約状況を確認したり、予約したりできるようにするとか。

いずれにしても、貸し出しの手法を変えて新規顧客を開拓するか、何らかの設備投資をするか、あるいはその両方が必要になってくるのでは、と思いました。そして、ネット活用は必須でしょう。

傍目に見てもあまりにも何もしていない場所に多く遭遇したので、正直、かなり驚きました。もう投資の回収はとっくの昔に終わっちゃって何もしなくてもいいのかもしれないけれど、それだと経済の新陳代謝が落ちてしまいますよ? やっぱり何かした方が良いと思うし、自分でできないなら資本を手放すのもありなんじゃないかなあ。。。でもバブル期に投資した物件だと手放せないのかもね。

いろいろ考えさせられました。。。catface

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »