« 試作品ほぼ完成! | トップページ | 引っ越し中〜 »

2011年9月14日 (水)

向き不向き

9月のお習字のお題は「飲渓人家」。梅堯臣の「魯山山行」という漢詩の一節です。

お習字教室では、初心者はまず楷書から始め、ある程度上達してから行書や草書に取り組みます。私はド初心者なので、いつものように楷書を練習していました。すると私のド下手な字を見た先生が「たぶん行書の方が向いている」とおっしゃる。

ほんと〜???

半信半疑で同じ課題の行書を書いてみたら...

意外にいけてるcoldsweats02

楷書の時は一画一画気をつかって書いていたので、かえって無駄な力が入り、字としての勢いを失っていました。が、行書になったら、ある程度勢いをつけて自由に書くので字に勢いがついたし、形も楷書ほどかっちりしていないところが私の大雑把な性格にあったみたいcoldsweats01 まさに向き不向きを実感しました。

ということで、しばらく行書を練習することになリました。目指すは草書の達人!?!

« 試作品ほぼ完成! | トップページ | 引っ越し中〜 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/52727736

この記事へのトラックバック一覧です: 向き不向き:

« 試作品ほぼ完成! | トップページ | 引っ越し中〜 »