« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年も色々ありました

今年も残すところ、あと数時間。

年内業務を終え、家の掃除も終わり、心穏やかに新年を迎えられそうです。やっと落ち着いた時間がもてたので、現在コトコトとりんごジャムを煮込み中happy01

それにしても、、、

今年も色々ありましたcoldsweats01

何をどう間違ったのか、起業してしまったのがその最たるところでしょう。。。coldsweats02

こんなワタクシでもなんとかやっていけているのは、陰に日向にサポートしてくださる方々のおかげです。ちょっと前の予測だと残り寿命はあと1年あるかどうかなのですが、それをなんとか延ばせるようにがんばります!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2011年12月30日 (金)

ブートキャンプ

あれれーMacなのにWindows?

Windows

そうなんです。会社のMacにWindows OS をインストールしました。

近年のMacにはBootcampと呼ばれるユーティリティが入っているので、Windowsのインストールはとても簡単! MacにインストールされているOSやソフト、データを保持した状態で Windows用の別パーティションを作って、そこにWindowsをインストールくれます。もちろんWindows OSは別途購入しないといけないけれど、手順そのものはとても簡単happy01

で、何ゆえにこのタイミングでWindowsをインストールしたかというと、弥生会計をインストールするため。来年いよいよ初決算を迎えるので、そろそろ準備をしないとねcoldsweats01

ちなみに。。。

会社でMacを使い始めて半年が経ちますが、この間、データの互換性や使い勝手で困ったことは一度ありません。WordやExcelもあるし、Photoshopもあるし、右クリックだってcontrolキーを押しながらクリックすればよいしー。むしろMacの方がフォントや発色がきれいなので、同じExcelの帳簿を作っても何故かきれいに見えて楽しいかもheart01

2011年12月28日 (水)

新ワークショップ開発中

年内のワークショップ開催が終了したので、これを機に、来年春から開講予定の新ワークショップの開発を進めています。いけばな系、マネー系、アート系の3系統でそれぞれ新ワークショップを準備中なのでお楽しみに!

で、この間、アート系の新ワークショップの体験会を開きました。来てくれたのは、弊社顧問と、起業塾のお友達のるりいろテーブルさん。それぞれのブログで、感想を紹介してくださっています>ありがとう!

現在開講中の「ブレないワタシになる!」も楽しいだけじゃなく、思わず「そうだったのか〜」と膝を打ってしまうような体験ができますが、この新ワークショップも楽しく、色々な発見があります。

まず最初に自分の来し方を見直し、こんな形で表現するのですが...

New_art

次にこれを完全に壊し、別の形に作り変えます。壊す前の段階でもかなり個性が出ていますが、その後の過程でさらに個性が際立ってきます。ちなみに私のベースは、色で言うと、濃くて個性の強い色。黒にゴールドにシルバーと、まるでどこかのビジュアル系バンドか、コワイ人のようですcoldsweats01

それはさておき、一連の創作を通じて何がわかるかというと...

それはヒミツheart01 今は言えないな。

開講時のお楽しみとさせてくださいwink

3月頃にブログやホームページで無料体験モニターの募集をさせてもらうと思うので、ご興味ある方は是非いらしてくださいね!

2011年12月26日 (月)

蜜柑

弊社Webサイト作成でお世話になっているYさんからお歳暮をいただきましたhappy01

なんとなく高級そうな箱を開けると...

Mikan1

みかんがたくさん!!!

Mikan2

早速その場にいたレンタルデスク関係者の皆さんで試食しました。小粒のみかんに、甘みと酸味が凝縮されていて、おいしい〜! 小粒なのでつい2〜3個を一気に食べてしまうのですが、食べ過ぎると手が黄色くなるので、気をつけないとcoldsweats01

どうもありがとうございました>Yさん


2011年12月24日 (土)

12月のお花

12月のお花のお稽古のテーマはクリスマス!shine

一年の中で最も華やかな花材を扱います。今年はクジャクヒバの緑に、もこもこした形がおもしろいケイトウとグロリオーサで赤をあわせ、アクセントに赤蔓をつけました。ちなみに赤蔓は、お湯につけて柔らかくしながら輪っかを作ると、クリスマスリースの土台となります。以前、その土台からリースを作ったことがありましたが、3時間くらいかかってとても大変でした。。。gawk

今回の作品のテーマは、雪の夜の暖炉。

曲線が面白い形の白い器で雪を、ケイトウのもこもこ感で燃える炎を、グロリオーサで炎がはぜる様子を表現してみました。赤蔓は立ち上る煙です。

Hana_12_01

赤いお花をお部屋に置くと、赤色の視覚効果でなんとなく暖かい感じがするので、寒い時期にはよいかもよ!?!

2011年12月22日 (木)

吉祥寺ランチ!

起業塾のお友達である、るりいろテーブルさんと、久しぶりに吉祥寺でランチhappy01

お互いの近況だったり、ビジネスの進展だったり、新しいビジネスアイディアだったりを話して、とても楽しいひとときを過ごせました。これから取り組む諸々がとても楽しみになってきましたhappy01 貴重な時間をどうもありがとう!>るりいろテーブルさん

この日は、吉祥寺の人気店「Bistrot TALK BACK」に行きました。このお店、弊社ワークショップ会場の下の階にあるんですが、いつも行列ができてます。久しぶりに訪れて、「なるほど、人気なわけだ」と納得しました。

まず、コストパフォーマンスが高い!

サラダ、スープ、たっぷりのオムライス、デザート、コーヒーでなんと1000円! お味も量も申し分ありません。

そして、使い勝手がよい!

お店には2人〜4人掛けのテーブル席、大テーブルを囲む席、カウンターがあって、一人でもグループでも様々な客層に対応できる様子。加えてサービスのオペレーションがよく、デザートとコーヒーをいただいても、1時間の昼休み時間に十分間に合うスムーズさだと見受けられました。であると同時に、のんびりしたい人は、デザートとコーヒーでゆっくりできます。これで、サラリーマン層もマダム層も満足できるので、吉祥寺という街の特性に合っているのではないかと。

むむむ〜やっぱり人気店には訳があるcatface

2011年12月21日 (水)

馬酔木

下の写真は、17日のプチいけばなワークショップで使った花材の残り。馬酔木という木の枝です。難読漢字としてこの三文字を見たことはあっても、現物を見たことがある人は少ないでしょ?

Ashibi

今でも高さは1mくらいあってかなり大きいのですが、お花屋さんではこの2倍くらいの大きさで売られています。普通にいけばなのお稽古に行くと、このような大枝を渡されて、自力で剪定のようなことをしていかなければならず、それがある程度できるようになるまで1〜2年かかります。長〜bearing

プチいけばなワークショップでは、あらかじめ枝を使いやすい大きさに小分けにしているので、ぱっと参加してぱっと作れるところがポイントですhappy01

なので、ちょっとお花に触ってみたいけれど、いけばな教室に行くのはちょっと荷が重いな〜と思っている人におススメです。この1回で、どんな人でもそれなりに和風のいけばなっぽい作品が作れますhappy01

その実例がこちら>

もちろん本格的な芸術作品には及びませんが、家でたま〜にちょっと飾るんだったらこれで十分かと。。。極めたくなったら、本格いけばなを数年かけて学べばよいのですし。

今後はご指摘の内容を反映してさらにバージョンアップさせていくのでお楽しみに!

2011年12月20日 (火)

年内のワークショップ終了

先週土曜日(17日)で年内開催分のワークショップはすべて終了しました。寒い中、足を運んでくださった参加者の皆さんに御礼申し上げます。

10月半ばからスタートしたこのワークショップ、まだまだ至らぬ点や改善の余地はたくさんあるかと思いますが、なんとか継続できているのは支えてくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます!

年明け以降はさらに改良を入れて、参加してくださった人にもっと楽しんでもらえるような、そして仕事や生活のヒントとなるような価値も提供できるようにしていくつもりです。

そして。。。

来春から新ワークショップも提供できるように準備を始めましたcatface 現在提供中の3ワークショップのそれぞれの応用編になるのか、それとも基礎編になるのか、全く別の形になるのか、それはまだヒミツですheart01

これから内容を練り上げて、3〜4月のどこかでモニター開催をする予定なので、日時などが決まったらお知らせしますねheart01 過去に弊社ワークショップにご参加いただいた方の中から希望者数名を無料でご招待させていただきます。お楽しみに!

2011年12月16日 (金)

アートワークモニター

先々週の金曜日、11月のパワーカフェで知り合ったTwinkleさんのアートワークモニター体験をしてきましたhappy01

Twinkleさんにお会いするのは2度目だったのですが、雰囲気がやわらかくて、こちらをリラックスさせてくれるオーラをお持ちです。

お茶を飲みながらいろいろお話をして、さて、いざ、アートワークへ!!!

ここで困ったことが一つ。。。

このアートワークセッションの真髄は、絵を描いたりしながら、自分で自分自身を見つめてもやもやを解決していくというプロセスなのですが、私自身、どちらかといえば悩みがないほうgawk

いえ、決して悩みがないのではなく、悩みと認識された瞬間、それに対する対応を考えたり、原因を分析したりしてしまうので、悩みがもやもやのまま残っている時間が短いcoldsweats01 これってIT系の特徴〜??? 

今の最大の悩みというか懸念事項は仕事に関することですが、これは既に自分なりに分析や対応が用意できているので、かわりにもうちょっともやもや度の高いプライベート関連のことをテーマにすることにしました。

心に浮かんだイメージをぱっと絵にして、そこからTwinkleさんと話をしながら思い返したり、考えたりしながら絵に色や形を足していきます。この過程で自分では思いもよらぬ要素が出てきたり、ぽんっと気付きがあったりして、意外に楽しいのですhappy01 壱子先生のセッションも受けたことがあり、その時も楽しさと驚きがありましたが、人が変わるとまた別の引き出しがあって今回も楽しさと新たな発見があってとてもよかったです。

とてもよいセッションでしたよ。ありがとうございました>Twinkleさん

今、仕事や生活で追い込まれている人だったり、なんだか漠然とした不安を感じてもやもやしている人だったり、すべてに対して意欲が低下している人だったり、どうにかしないとなーと少しでも思っていたら人がいたら、かなりオススメです! 他人にどうにかしてもらうのではなく、自分で自分をどうにかするためのきっかけになります。アートと言っても大仰なものではないので、ちょっと絵を描いて童心を取り戻すだけでも楽しいですよ〜

弊社ワークショップでもTwinkleさんのモニターでも、是非どうぞheart01

2011年12月15日 (木)

12月のお題

12月のお習字のお題は「蜀僧抱緑」。李白の詩の「蜀僧濬の琴を弾ずるを聴く」の最初の4文字です。どれも画数が多くて大きめの字なので、バランスを取りながら紙におさめるのが難しい。

ちなみに原文はこんな感じ。中国語を勉強してから原文を見るのが楽しくなってきましたwink 現代中国語の発音でもちゃんと末尾が韻を踏んでます。

Libai

ちょっとだけ進歩かなと思うのは、今まで10回中10回失敗していたハネが、10回中1〜2回は成功するようになったこと。まぐれなのかもしれないけれど、進歩と捉えて練習あるのみ!

2011年12月14日 (水)

クリスマスカード

10月に弊社ワークショップにいらしてくださったIさんから、クリスマスカードが届きました。赤い色のクリスマスらしい封筒を開けると...

Xmascard2

中から賑やかで楽しい感じのかわいいカードが飛び出しました!

Xmascard1

日々の雑事に追われ、クリスマスが近いということすらすっかり失念していましたので、思いもかけずカードが届いて、とても嬉しいですhappy01

ワークショップを始めて日が浅い頃に来てくださっただけでもありがたいのに、改めてこんな素敵なカードとメッセージをいただき、まさに主催者冥利につきます。ありがとうございます! カードは早速デスクの前の壁に貼りましたhappy01

このワークショップを始めたきっかけは、毎日がんばって働いている(主に)女子の皆さんに、楽しみながら「へぇ〜」と何かに気付けるような時間ときっかけを提供したかったから。しかも、「へぇ〜」に加えて、世界経済の動向だったり、簡単にお花をアレンジする方法だったりという役立つ知識も身に付きます。

自分もそうでしたが、生活のためにがつがつ仕事をして、入ったお金でたまに買い物したり飲み会に行ったりという程度の息抜きの日々が続くと、徐々に、何のためにそれをしているのかという目的や夢を見失いがち。。。ハムスターが走りながら車輪を回す実験があるけれど、まさにそのハムスター状態になってしまいますbearing

そうした日常の中で改めて考えてみる機会を作ることは難しいので、そのためのきっかけというか仕掛けとして、ワークショップを開発しました。人によって趣味嗜好が異なるので、アートだったりお花だったりお金だったり、入り口を3つ用意しています。

いらしてくださる人は、まだぼちぼちといった感じですが、参加してくださった方からいろいろなフィードバックをもらえることがとても嬉しくありがたいです。

来年も引き続きぼちぼち開催していきますので、さらにいろいろな人にちょっとの楽しさや気付きやお役立ちスキル・知識を提供できると嬉しいなあ。。。来年もがんばります!

2011年12月 8日 (木)

身不知柿

今年も地元から身不知柿(みしらずがき)が届きましたhappy01

Kaki

この柿、渋柿に焼酎を振りかけて密閉すること2週間、何故か渋が消えて甘くなっているという柿で、地元の特産品です。全国的にはあまり知られていないけれど、地元では柿と言えばこれ。身が固い状態からとろとろになるまで食べられる、おいしい柿です。

箱を開けたら既にとろとろになっている柿が一つ(上の写真で空いているところ)。これはスプーンですくって食べました。これがおいしくて、まさに冬の贅沢

大半はそのまま食べるつもりだけど、今年はちょっと加工してジュレを作ってみてもいいかなと思ってます。

ちなみに。。。柿はお酒を飲んだ後や翌朝に食べるのもオススメです。アルコールの分解や代謝を助けてくれるそうな。今の時期にはありがたい、かも。


2011年12月 7日 (水)

身の丈起業塾ティータイムサロン

先週、「身の丈起業塾ティータイムサロン」という座談会のようなイベントに行ってきました。知らなかったのですが、なんと2009年から開催されているcoldsweats02

ちょうどこの日は、起業塾同期生の株式会社まんがdeムービーの清水社長が自らの起業体験を語るという内容でした。大経営者のお話も、起業の先輩のお話も大変勉強になりますが、同じ頃に起業した人の話も、これまた大変参考になります。清水社長と私は法人を設立した時期が近いのですが、なかなか体験を共有する機会がなかったので、改めていろいろなお話を伺えて、とてもよかったです。

やっぱり、お互い、実際に動いてみるといろいろ予期せぬ展開があるんだーcatface 想定外の苦労やピンチもあれば、思わぬ喜びもある。。。同じ頃に起業した仲間の話を聞いて、とても心強く励まされた気持ちになりましたhappy01

どうもありがとう!>清水社長

で、実は、まんがdeムービーさんには、弊社プロモーションムービーを作ってもらいたいな、と考えてます。内容については検討中ですが、まんが x ムービーという表現形態が弊社の訴えたい層と内容に合致しているのではないかと。。。

来年の春頃にはできるといいなあと思っているので、完成したらこのブログや弊社ホームページでもお知らせしますね。お楽しみに!

2011年12月 6日 (火)

特許庁の窓は小さい

弁理士会館に用事があり、霞ヶ関へ。。。

長年東京に住んでいますが、霞ヶ関と呼ばれるエリアには行ったことがありません。自分から最も縁遠いところかも!?! 地図を見ると、周りにあるのは役所の建物ばかり。そして国会議事堂もある! なんか日本の中枢な感じですcoldsweats02 そりゃあ確かに縁遠いわ。

弁理士会館の隣は特許庁なのですが、この建物の入り口のセキュリティがすごいcoldsweats02 ゲートに加えて手荷物チェックもあります。さすが知財を扱う役所、警備厳重です。

そしてさらに驚いたのは、特許庁の建物の窓の小ささ! 周りのオフィスビルはガラス張りだったり、窓が大きくとってあったりするのに対し、ここの窓は異様にちっちゃい。しかも窓の位置が奥まっている。。。きっと、周りのビルから覗かれたりしないように意図的にそうしているんでしょうね〜

用事を終えて、特許庁の前の道を少し進むと右手になんとなくガラス張りの感じに見覚えある建物が...

Kantei

首相官邸の裏でした。やっぱりこの辺りって中枢なんだ〜catface


2011年12月 5日 (月)

コンテイジョン

なんとも後味微妙だった映画が「コンテイジョン」。

ウィルス感染を扱っている映画なので、近年、いろいろな感染症でダメージを受けまくっているワタクシとしては、いちおう見ておきたい映画なんですが、単純に

起. 新しいウィルスが出た
承. 感染者が増えた
転. けど、がんばって優秀な科学者(たいていその映画を作った国の人)がワクチンを開発した
結. おかげで治ったり、新規感染しなくなったりで、めでたしめでたし

という展開だけの話ではありませんでした。大筋ではそうなっているんだけど、そこに絡んでくるのが、なんというか、それぞれの人のそれぞれの立場に応じたオトナーな思惑coldsweats01 そこになんとも後味の悪さが絡みます。

あと、キャスティングもすごい。この前観た「ステキな金縛り」も豪華キャストだと思ったけれど、こっちも豪華。あんな主役級が映画冒頭に亡くなってしまうとか、こんな主役級も途中で志半ばで亡くなってしまうとか。。。でも一番驚いたのは、ジュード・ロウとマット・デイモンがすっかりおっさんになっていたこと。役もお父さんだったりしたしね。「リプリー」で2人が青年役で共演してから、10年ちょっとしか経っていないのに〜shock そう考えるとSMAPのメンバーはすごいかも。

2011年12月 1日 (木)

11月のお花

11月末にお花のお稽古に行きました。

今回の花材はちょっと豪華。こぼれるほどに実をつけたウメモドキに、ゴージャスな大輪菊のアナスタシア、そしてアクセントに紅葉ヒペリカム。

秋の終わりの夕暮れのごとく、残光の煌めき感を出したいと思って、光沢のある創作花器にいけてみました。器の隙間から赤い実がこぼれ落ちるように配しています。

Ikebana

自宅では黒い水盤にいけていますが、ここでも白い菊と赤いウメモドキの実が相まってとてもゴージャス。部屋がゴージャスじゃないところだけが微妙に残念〜coldsweats01


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »