« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

起業塾プロジェクト終了

一昨年に通った起業塾や、昨年出場したビジネスプランコンペティションは、内閣府からの交付金を受けて三鷹市/まちづくり三鷹が行っていた事業なのです。3月末で事業が終了することを受け、先日、プロジェクト終業式のようなイベントが開催されました。

このイベントは基調講演と交流会という2部構成で、基調講演のスピーカーは、起業塾在籍中にインターンシップでお世話になったNPO法人「育て上げ」ネットの工藤理事長。これは聞きにいかないとhappy01

工藤理事長をはじめ、育て上げネットの皆様には、インターンシップの際に大変お世話になりました。そのおかげで、今までよく知らなかった社会問題の一端に触れ、少しですけれど自分の視野が広がったように感じています。

今回のお話で心に残ったのは、最初にやりたいことがあったとして、それを達成する手段として起業が最適なら起業すればよいし、既にそれに取り組んでいる企業や団体があればそこに就職するも良しというところでした。起業塾というところに行っていると、独立自営を勧められることが多いのですが、個人的には必ずしも全員が独立自営に向いているとは思えないし、それが最適な手法とも思えません。工藤理事長のお話をきっかけに、改めて自分の目指すところや手法の是非を考えさせられました。

基調講演の後は交流会。こちらも久々に色々な知人/友人に会えて楽しかったです。行ってよかったなーhappy01

2012年2月22日 (水)

今週ランチ

今週ランチは、南米風炊き込みピラフ。何故に南米風なのかは分かりませんが、おそらく黒豆を使っているから??? 

Brazil

黒豆と黒米を入れるので、色合いはお赤飯風。しかし味付けのベースは塊ベーコンから出る脂と旨味
、香り付けに使うのはカイエンヌペッパーとクミンシードなので、和食とはかけ離れた、どことなく異国情緒漂うお味になります。

実はこのピラフは先週作ったのですが、あまりの具合に悪さに一口しか食べられなかったのです。小分けにして冷凍しておいたものを解凍し、今週ランチにしています。元気になってきて食べるとおいしいんだけど、具合の悪い時にはスパイスや脂の風味は、ちょっと無理でした。。。coldsweats01

これでスタミナアップ、、、かな?

2012年2月21日 (火)

Never let me go

ここ最近、意図せずして病気になったり体調を崩したりで自宅で静かにしている(せざるを得ない)日が多いですweep それで久しぶりに文芸書を読んだりしてます。近年、ビジネス書や実用書ばかりを読んでいたので、久々に文芸書を読むと新鮮でおもしろい!

インフルエンザの時に読んでいたのは、カズオ・イシグロの「Never let me go」。映画化され、昨年日本でも公開されたので、ご存知の人もいるはず。

このお話、主人公のアラサー女子の回想という形を取っています。寄宿学校のこと、友達のこと、恋愛のことなど、10歳〜16歳くらいの頃特有の感情の動きが繊細かつ抑制された筆致で語られていて、なんだか懐かしいような切ないような気持ちにさせられます。物語としては、何か起こりそうで、しかし激しいことは何も起こらず淡々と進みます。それでも飽きずに読ませていく書き手の実力がすごい。

ですが。。。

物語の背景はとても残酷。

主人公を含む子供たちは臓器移植を目的に作られたクローン人間で、特殊な環境や教育のために、本人達はそのことを深く認識できていません。結局、大人になると、他の人に臓器を提供し、移植を何度か行って命を失ってしまうのですが、それすらも直接的な表現では語られません。移植のことは donation (寄贈とも読める)、命を失うことは complete (全うするとも読める)と表現されていて、だからこそ一層切なさが際立ちます。

やっぱり、上手な書き手が書いた、よい文章の小説はおもしろいなーhappy01

ちなみに。。。

全く同じ背景の物語を別の人が書いたとしたら、どうなるんでしょうね〜? 医療の闇や移植に伴う裏金を暴く社会派小説とか、移植で亡くなった人の亡霊が出るホラー小説とか、それはそれでおもしろいエンターテイメントになるかも!?!

2012年2月19日 (日)

アントシアニンパワー

近所の八百屋さんの前を通りかかったら、なんとブルーベリーの特売をしているではありませんか。

5パックで500円というお値段だったので即買いhappy01

生でそのまま食べてみたら、微妙にぼやけたお味catface  一つ一つが大粒なので、まあ、しょうがない。じゃあ、まとめてジャムにしちゃえと早速ジャムを煮始めました。

調理前はこんな感じ。さすがに5パック分(約600g)となると山盛りです。

Blueberry1

火を通していくうちに、ブルーベリーの皮から色素が抽出されて、煮汁が濃い紫色に。。。まさにアントシアニンパワーnote

煮上がったところはこんな感じ。だいぶ濃縮されました。

Blueberry2

ヨーグルトに載せて食べようっとhappy01

2012年2月17日 (金)

2月のお題

お習字教室のの2月のお題は「眉峯為我」。引き続き李白の五言絶句から4文字ずつ取っています。

今回はどの字も均等に画数が多く、それなりの大きさがあるので、全体のバランスを取りつつ半紙に収めるのが最初の難関。それをなんとかクリアすると、ハネやハライという関門があり、更に強弱や緩急という難題が控えてます。

とりあえず、最近ようやく紙からはみ出たり、字が重なったりすることはなくなり、ハネやハライも多少は上達してきたので、今は強弱や緩急を練習中〜happy01

お習字は、筆を置いた瞬間に「あ、もうちょっと下だった」とか「あ、墨をつけすぎた」と思っても、やり直しができないところが潔い。そして墨の含ませ方だったり、ほんのちょっとした力加減で線やハネやハライの様子が変わり、二つとして同じ物が書けないところも奥深い。思いもよらぬ線やバランスになってしまった時のリカバリーを体感するシミュレーションと捉えると、ビジネスパーソンにも非常に役立つ修練かも?(ただし、そこに至るまでの基礎修練が大変coldsweats02

2012年2月16日 (木)

祝・10000アクセス!

一昨年の11月にひっそり始めたこのブログ。。。

家族にも友達にも誰にも告げず、まさにだ〜れも知らない知られちゃいけない〜note

徐々に周りの人に告知しつつも、地味に運営すること2年と少し。ようやくこの度、アクセス数が10000を超えました!!!

見てくれる皆さん、どうもありがとう〜!

地味ブログとは言え、アクセス数が増えてくると嬉しいもんですなcatface

これからも、地味にがんばります。

職業を選ぶ際に起業するという選択もあると、そして起業することで得られる経験や価値もあると、そんなことをお伝えできると嬉しく思います。

これからもよろしくね!

2012年2月15日 (水)

たましん新春講演会

昨日、多摩信用金庫(通称たましん)の新春講演会に行ってきました。今年の講演者は早稲田大学の野口悠紀雄先生。「超」整理法の著者と言った方がピンと来る人は多いかも?

お話は、日本の貿易収支や経常収支に始まり、日本の製造業の現状と新興国の製造業との対比、実質為替レートでの為替判断など、広い範囲に及び、とても興味深かったです。ふらつきながら立川まで出かけた甲斐は十分ありましたwink

お話の中で度々出てきたのは「がんばるのはいい、しかしがんばる方向を間違えていると意味がない」という言葉でした。これには全く同感です。

講演会そのものもとても有意義だったのですが、それよりも私の印象に残ったのは、会場に入った際のお出迎えの様子。。。coldsweats02

建物の入り口からホールの入り口まで、たましん職員と思われる人たちがびっしりと一列に並び、いらっしゃいませと声をかけてくださいます。その数、100名近かったんじゃないかなあ。どう見てもまっとうな人たちが並んでいたので恐怖感はありませんでしたが、これがコワモテでガタイが良い人たちでしたら、まさにその筋の「おつとめお疲れさまでした!」の出迎えですよ!?!

並んでいた人たちが一緒に講演を聞いていたかどうかはわかりませんが、遅刻してくる人もいることを考えるに、何人かは講演中もその場で待機していたはず。さらに我々が会場を後にする時にも挨拶のために立っていらっしゃったので、仮に講演を聞いていたとしても早めに退出していたはず。

そうなると、職員の皆さんは何をしにあの場にいたのでしょう? ただ立って不特定多数に挨拶するためでしょうか? もちろん顔見知りや担当しているお客様が来て一言二言ご挨拶することはできるかもしれませんが、そのために職員100人弱を何時間もあの場所に置いておく必要はあるのでしょうか? そして、あれだけの人数を駆り出してしまったら、通常業務に影響はないのでしょうか?

なんとも非効率で非合理的なように見えましたが、それはワタクシが外資系やIT業界に毒されているからかもしれませんcoldsweats01 うーん、でも、私が預金者だったら、「そんな所に100人近く人を立っておかせるお金があるんだったら、その分、預金の利息を上げてよ」と言いたいかも。もちろん大人数でのお出迎えに感動し、さらに積み立て額を増やす人もいるのかもしれませんが。。。gawk

ちなみに、会場の客層を見ると高齢者多し! 年齢の10の位を四捨五入すると100歳になってしまうと思われる人たちです。そして女性率は低く、たぶん全体の5%くらいじゃないかなあ。

こういう客層を見ると、あのお出迎えにも一定の意味があるのかもね!?!

2012年2月14日 (火)

再び病気療養中

インフルエンザで体力が落ちていたのか、疲れが溜まっていたのか、先週の月曜日に急に具合が悪くなり、またもや病気療養をする羽目に陥ってますcoldsweats02

ある朝、起き上がろうとしたら猛烈なめまいに襲われ、起き上がったり、立ち上がったり、歩いたりができなくなってしまい、これは尋常じゃないと焦って病院に行ったところ、原因はなんと耳。それも三半規管のトラブルと分かりました。なんと、そんなところに健康を害する要因があったとは。。。予兆もないし防御しようもないし、まさに伏兵catface

とりあえず血流を良くして、栄養を取って、十分休養して自らの体力を上げて治すしかないということで、またしても病気療養となってしまいました。体調によっては起きて座ってPCに向かうことや、電車に乗って遠くまで外出することが困難なため、一部の仕事に支障が出ています。お約束のある方などに個別にご連絡させていただきましたが、関係者の皆様にはご迷惑をおかけすることとなってしまったことをお詫びします。

とりあえず、昨日一昨日あたりからなんとなく改善の兆しが見えてきたので、今週1週間も控えめに過ごして回復をはかります! それで良くなってくれることを期待しつつ。。。

2012年2月 9日 (木)

ワークライフバランスフェスタ

先週の金曜日、東京ビッグサイトで開催された「ワークライフバランスフェスタ」に行ってきました。

今まで東京ビックサイトに出かける時は、PCエキスポとか、コミケcoldsweats01とか東ホールの1〜6を全て使用する大規模イベントが多かったのですが、今回は、西ホールの1つだけを使ったイベントなので、規模小さめ。会場に入って、あまりの地味さにびっくりしました。

で、会場に、自分の一日の時間の使い方を可視化しようというコーナーがあり、こんな24時間円グラフに時間配分を貼付けていくのですが。。。

Wlb

これが、なんというか、とっても男目線なのです。

家事/育児の時間がないのですよcoldsweats02

仕事が終わって、通勤時間があって、家についたら(誰かが作った)ご飯がすぐに出てくる人もいますが、一人暮らしだったら、ご飯は自分で作るから、家に帰ってすぐに食事はできないのですよ。。。

それに子供がいたら、自分の入浴時間の他に子供をお風呂に入れる時間とか、子供の送り迎えとか、そういう育児時間も必要になるはずですが、それはなく「家族との時間」という時間枠が設けられているだけ。それって、育児とはちょっと違うでしょう。。。

ワークライフバランスフェスタという場所でもこうなんだから、まだまだ本来の意味でのワークライフバランスや男女共同参画実現への道のりは遠いなと思いましたgawk

ちなみに、日本では「ワークライフバランス=残業なし」「ワークライフバランス=(主に女性の)育児と仕事の両立」と捉えられている側面がありますが、それは本来の意味とは全く違います。日本で「ダイバーシティ=女性活用」となってしまっているのと同じくらいの矮小化だと思っています。

そうは言っても、残業ゼロの本を出した社長の会社のブースはとても賑わっていました。なんでだろうな〜と考えてみると「残業ゼロ」は企業側にとってかなり嬉しい。だって、仕事量や成果はそのままで残業がゼロになれば、人件費を削減できますもん。

もちろん将来的に本来の意味でのワークライフバランスを達成する第一歩として残業ゼロを目指すのは悪いことではありません。しかし、それだけがゴールになってしまうのは、ちょっと違うな〜

ここに出かけたことで、性別/年齢/家族環境/健康状態に関わらず、それぞれの人がそれぞれのやり方で充実して働ける社会にはどうしたら近づけるのか、課題意識を新たにしました。弊社および私自身の関心事項の一つでもあるので、これから色々な試みをしたいと思ってます〜catface

2012年2月 7日 (火)

四十肩

30代前半のある日、腕を挙げると肩近辺に痛みが走るようになり、いわゆる四十肩と言われました。その後、地道な筋トレとストレッチで改善され、加えて健康維持のため定期的に運動すること早数年。「もうワタシは四十肩にはならないもんね〜」とたかをくくってました。

それが。。。

なっちゃいました、四十肩weep

12月頃から特定の動作をすると腕に痛みが走るようになってます。嗚呼、四十肩。。。

今は、地道な筋トレとストレッチで改善をはかってます。ジムのトレーナーによると、運動をしている、していないに関わらず、どんな人でも遅かれ早かれ通る道だそうで、そうそう落ち込むことはないとのことですが、やはり落ち込みますなあ。。。gawk

こうして人は年を取っていく。。。合掌。

2012年2月 4日 (土)

久々のプチいけばなワークショップ

今日は、久々のプチいけばなワークショップhappy01

花材の調達に出かけた花屋さんでは、店頭に早春のお花が並んでいて、なんとなく春を待つ気分note

今日はそんな気分を表す花材を選んでみました。

・白くて小さい花が可憐な雪柳。毎年この時期によく使われる花材です。
・形がおもしろいゼンマイ。初めて使う花材ですが、形の面白さに惹かれてチョイス。
・オレンジ色が愛らしいチューリップ。この時期のお花といえばこれ!

その3つを使って、バランスやメリハリを考えながら手を動かしていくと...

こんな作品が仕上がりました!

作品

これは、本日いけばな初体験の方が作ってくれた作品です。ちなみに30代男性。なかなか様になってるでしょ? 縦に延びるゼンマイの線と、それにからまる雪柳の曲線がおもしろいコントラストを描いています。手前のチューリップと、ゼンマイの丸い頭もかわいいです。

このワークショップは、お花を扱いながらバランスやメリハリを考えていくことが目的ですが、同時に、初めての人でも本格いけばなっぽい作品が簡単に作れてしまうところもポイントです。女性向けっぽく出していますが、何故か来てくださるのは男性の方が多く、皆様にご好評いただいております。ありがたい限りです。

和の文化に興味はあれど、女性に混ざっていけばな教室はちょっとなーと思っていらっしゃる方、是非弊社のワークショップにいらしてくださいね! 少人数だし、意外に男性が多いので気恥ずかしさは皆無です。それに、和の文化にありがちな、面倒くさい決まり事は排除していますので、試しやすいと思います。

そんな貴男のご参加をお待ちしてまーすhappy01

2012年2月 2日 (木)

ロボジー

予告編を見た時から気になっていた「ロボジー」を観てきました。

おもしろくなくはなかったけれど、予告編やCMの方がおもしろかった...gawk

料理にたとえると、素材としてはすごく良いんだけど、調理方法がイマイチというか、料理を出すタイミングがイマイチとか、そんな感じ。テンポなのか、膨らませ方なのか、タイミングなのか、「あー、これって着想はおもしろいんだけど、惜しい」とかそういう感じ。

「ステキな金縛り」ではケラケラ笑い、「宇宙人ポール」ではにやにや笑いましたが、「ロボジー」はたまにくすっという感じでしょうか。。。

笑い以外の要素もあるんだけど、なんかそれも弱かったような。予告編が面白かっただけに、期待には至らなかった作品ということで。

ロボット大好き女子大生役の吉高由里子ちゃんはかわいかったですhappy01

2012年2月 1日 (水)

今週ランチ

途中インフルエンザに罹ってリズムが崩れましたが、新春ランチ改善計画は粛々と実行中です。

今週は、ひよこ豆入り鶏肉とドライトマトの炊き込みピラフheart

Gohan

実はこのメニュー、自分が作るお料理の中でも好きなものの一つなのですhappy01

炊き込む時にヨーグルトを少し入れるのですが、それによってヨーグルトのほのかな酸味と、ドライトマトの酸味が混ざって複雑なお味になります。そこに鶏肉の旨味が加わり、さらに食べる直前に粉チーズをかけて、旨味の相乗効果狙いnote おいしいです。

鶏肉、豆、チーズで三種のプロテインを確保しているので、ここに色の濃い野菜を合わせると、一回の食事としてかなりバランス良いかも。

旨味が後を引くので食後はコーヒーかエスプレッソで。

これで午後の活力は注入完了!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »