« またまたお引っ越し | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2012年3月27日 (火)

偽物疑惑

ある日、久々にWindowsを起動したら(Macの中の別パーティションにWindowsをインストールしてます)、変な警告が表示されました。

曰く、お使いのWindowsのコピーは正規品ではない可能性があります云々。

おっと、上海の路上で1元で買ったやつをインストールしたのがバレちゃった?coldsweats01

嘘です。

日本国内のちゃんとした家電量販店で買った正規品で、インストール後にライセンス認証もされてます。それなのに何故に今こんな警告が???

取り急ぎWindowsアップデートをして、促されるまま再度プロダクトキーを入力して待つことしばし... 正しくライセンス認証されたようで警告が消えました。

それにしても、認証されるまでの間、画面の下の方にこういうメッセージを出すというのは、どうだかな〜gawk

Windows

いきなり「正規品ではありません」と断定するのは、ちょっと早急すぎやしませんかね? これって、ちゃんとお金を出して品物を買ったお客さんを万引犯扱いするようなもの。もう少し言い方ってもんがあると思うのですが、その辺は考慮しないんでしょうか??? 考慮する余力もなくなってしまったのでしょうか?(そうだとしたらとても残念)

やたらと腰が低いソフトウェアも微妙だけど(日本向けに日本の会社が開発したものはその傾向あり)、こう高飛車なのもあまり使いたくないかも〜coldsweats01 


« またまたお引っ越し | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/54323301

この記事へのトラックバック一覧です: 偽物疑惑:

« またまたお引っ越し | トップページ | 臨時休業のお知らせ »