« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月26日 (木)

サイバーシルクロード八王子

起業塾に通っていた時にその名を耳にした八王子にある創業支援施設が「サイバーシルクロード八王子」。。。古いんだか新しいんだか分からない名称ですcoldsweats01  そこに昨日初めて行きました。

出かけたのは、多摩信用金庫さんの「ブルーム交流カフェ」というイベントです。現役の創業社長(それも創業からの年数が比較的短い人)が体験談などをお話ししてくださるセミナーで、今までに何度か出席していますが、毎回とても勉強になっています。

今回のスピーカーはSODA株式会社の本名社長。一昨年のビジネスプランコンペでご一緒した時からの知り合いで、奇遇なことに同県出身でもあります。

創業に至る道筋、創業してからのご苦労と克服方法などは、ワタクシも現在進行中で経験しているところなので、ほかの方がどう受け止めて、どう対応しているのかを聞くのは非常に参考になります。今回も聞きながら思わずうなずいてしまうこと多数coldsweats01

往年の大経営者のお話を聞くことも大変勉強になるのですが、それはどちらかというと少し遠い世界のお話catface モチベーションアップや高い視点でのものの見方には役立ちますが、目下の課題解決にはあまり役立ちません。なので、こういう起業の先輩の実体験に基づくお話を聞けるのは得難いチャンスなのです。今回も行ってよかった〜happy01

そして新しい知識がもう一つ。。。

サイバーシルクロード八王子というのは通称で、正式名称は「首都圏情報産業特区・八王子」構想推進協議会というそうです。へぇぇぇぇ〜

2012年4月24日 (火)

八重の桜のつぼみ

先週末、所用あって地元に帰りました。来年の大河ドラマゆかりの地ということで、「八重の桜」の旗を街中のあちこちで見かけました。まだ平清盛だというのに、この土地だけは既に気持ちは来年coldsweats01

大河効果で観光客が増えて、さらに地元の農産物が売れて、少しでも震災復興につながるとよいのだけれど。。。

さて、地元の花見の定番といえば鶴ヶ城です。先週末はまだ桜はつぼみでしたが、それでもお花見をしているグループがちらほら。

Sakura

このつぼみの様子を見ると、今週末がちょうど見頃なんじゃないかなあ。ライトアップされるので夜桜も楽しめます。あ、そしてお花見なら地酒もお忘れなくhappy01

2012年4月23日 (月)

愛人を従業員として雇うには

ちょっと前のサスペンス系のドラマでは、社長の愛人がその会社の秘書や事務員として働いているという設定がよくありましたよね?

そんなのドラマだけじゃんと思っていたら、先週に出席した税務関連のセミナー資料に、それに関する注意事項がありましたcoldsweats01 ということは、実際によくある(あった)ことなのかも。オドロキですcoldsweats02

で、その資料によると、法人の役員と特殊な関係にある従業員に支払った給与のうち、不相当に高額である部分は、会社の経費として認められないそうです。ちなみに「特殊な関係」というのは、愛人関係だけではなく、役員の配偶者や子供も含まれるみたい。これって、大学卒業したばかりの息子を雇って平社員なのに高額給与を支払うという、またもやドラマでよく見る設定coldsweats01

おもしろいなーcatface

セミナーの間、ついつい考えてしまったのは、「不相当に」がどの程度のものなのかということ。

例えば、某社の従業員の平均年収が2000万円だとして(月給100万円以上)、秘書(=愛人)の月給が100万円だとしたら、不相当に高くはないのかもしれない。

あるいは、秘書という職種だけど、極めて高度なITスキルと5カ国語能力と何らかの特殊技能が必要な仕事で、それができる人が極めて限られるから、要件を満たす人には月給100万円を支払うのだとしたら、それは不相当に高いとは言えないのかもしれない。

そう考えると、もし愛人を雇って会社の利益の中から高額のお手当を支払いたくなったら、ほかの従業員の給料も上げて愛人への支払いの突出が目立たないようにするとか(ただし会社の経費はかさむ)、愛人に(形だけでも)担当してもらう業務に特殊性を持たせてその人でなければできないという合理的な説明をつけるとか(愛人に能力的に秀でた点がなければ難しい)すると、経費として認められるのかも???

こういうグレーゾーンがおもしろいなあcatface 税務、奥深し。。。

2012年4月19日 (木)

つぶつぶオレンジゼリー

今が旬のネーブルオレンジとミネオラをたっぷり使って、ゼリーを作りましたhappy01

Jelly

果汁は手絞りで、甘みは蜂蜜で、そして敢えてつぶつぶを入れた食感にしてみました。計算よりもしっかり固まったので、つぶつぶの食感とゼリーのぷるぷる食感のコントラストがそれほどでもなかったのが、ちと残念。この辺は、あともう1~2回作って加減しようと思います。

これから先、気温が上がって買い置きのオレンジの皮がちょっと柔らかくなってきたら、まとめて絞ってジュースにしたり、そのジュースでゼリーを作ったりすると、オレンジを腐らせずに使いきれるのでオススメです~happy01  

2012年4月18日 (水)

4月のお題

お習字の4月のお題は「聴萬堅松」(堅は古い字体)。

引き続き李白の五言絶句から4文字を取っています。2月の課題もそうだったけれど、すべての字の画数が多いので1枚書くのに時間がかかって大変。そして、今までは小学生のお習字のように筆の根元までをたっぷり使って大きな字を書いてましたが、さすがにそれだと紙に入らなくなるので、先生の指導のもと、穂先を使って細い線で書く練習に入りました。これも相当に神経を使うので、1枚を書くだけで結構エネルギーを消耗します。ふーgawk

古い字体だと画数が多くて複雑な字が並んでいるように見えますが、こちらに載せた現代中国語の簡体字だとこうも簡単gawk 芸術的観点で見ると簡体字には味気なさを感じることもありますが、文字をツールとして見たらこのシンプルさは案外いいのかもね!?!

2012年4月17日 (火)

サービスの効率と顧客満足度

弊社が入居するレンタルデスクは、市が出資した会社が第三セクターとして運営しています。なので、普通の民間企業が運営しているというより、なんか役所っぽいのです。それはそれで良いところもあるのですが、驚くことも多々あります。

最近驚いたのは、レンタルデスクの工事とそれに伴う1週間の閉鎖、再オープンとそれにまつわる色々coldsweats02 日々、サービスの効率とコスト、顧客満足度について考えさせられてます。

普通、1週間も閉鎖して工事したなら、オープンしたらすぐに片付いた場所で普通に諸々が使えてしかるべきと思うでしょ?

ですが、引越が終わって、プリンタやWi-Fiを設定しようとしても、必要な設定情報がどこにもないcoldsweats02 入居者のそれぞれが個別に問い合わせて解決したり、あきらめたり。必要な情報を紙に書いて壁に貼っておけば済むことなのに〜gawk 都度都度回答している、その労働の重複がもったいない。それをコストとは考えないのでしょうか? しかも、コストをかけてもあまり顧客満足度の向上に寄与してないように思えるのは私だけでしょうか?

さらに、工事が終わったはずなのに、余ったハブやケーブルなどの残骸がフロアのあちこちに置きっぱなし。1週間以上経ちますが片付けられる気配は全くありません。誰かが持って行っちゃったらどうするんでしょ? それを購入したお金の何割かは税金のはずなのに、そんな杜撰な備品管理でいいんでしょうか?

なんだかな〜gawk

ちなみにレンタルデスクは有料で、家賃はこの4月から値上がりしました。だからこそ、なんだかやりきれない気持ちになってますgawk  早くここを出られるようにがんばろうっと。

2012年4月16日 (月)

4月のお花

先生のご病気と自分の病気でしばらく休止となっていたお花のお稽古を今月から再開しました。

久々の花材は、木苺の枝とグロリオーサ。緑と赤の華やかな組み合わせです。

白い器に、枝の曲線をいかしてシンプルにいけてみました。花瓶の片側は敢えて空けてあります。そういえばクリスマスの時期も、グロリオーサを使ったっけ。。。

Hana1

いけばなには日本の美意識が体現されているなあと思うのは、こういうシンプルな作品を作る時。余分な葉や枝、つぼみを落とし、枝1本、花1輪で表情を出して空間を作っていくのは、まさに引き算の美学ですなあcatface

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、花屋さんから届いた段階では、どの枝も「木から切り落としてきました」みたいな状態でモサモサですcoldsweats02 お花も、ガーベラやチューリップのように1本1輪のものはそれほどでもありませんが、百合やグロリオーサのように1本に何輪もつくものは、仕分けが大変。慣れないうちは、どれを落としてどれを残すのかを見極めることができず、なんともごちゃごちゃした仕上がりになってしまいます。でも、練習を重ねて自分なりの見る目を持つようになると、不思議とできるようになってます。

・・・これって何かに似てると思ったら、ビジネスパーソンにとって必要な優先順位付けとか仕分けに似てるかも? 優先順位付けに自信がない人は、いけばなでシミュレーションしてねheart01

2012年4月13日 (金)

いちごクリームチーズ

近所の八百屋さんのタイムセールで苺1箱(4パック)をまとめ買いhappy01

そのうち2パックでジャムを作り、1パックでアイスクリームを、残りの1パックで苺クリームチーズを作りました。

クラッカーに載せると、ほのかに甘酸っぱくて、クリーミーな中に苺のつぶつぶが残っていて、かなり美味しいheart01

Ichigo

実はこれ、失敗の産物なんですcoldsweats02 もともと苺ミルクゼリーを作ろうとしていた時に、うっかり牛乳を沸騰させたらモロモロに。。。それを見て、昨年の震災後に作ったカッテージチーズを思い出し、急遽、目標を変更! 記憶を頼りに同じ要領で作ったら良い感じに仕上がりました。

ワイン好きなら、ニューワールドのピノ・ノワールと合わせると、苺 x 苺でなんかハッピーheart01


2012年4月12日 (木)

20%を超える値上げ

4月からレンタルデスクの賃料が上がりました。一気に20%を超える値上げです。ひぃぃぃ〜shock

値上げそのものも痛手ですが、それよりも納得がいかないのは値上げに関して何ら説明がなかったこと。関係者の一人に聞いたところ「今までが安かったから」の一言だけ。なんすか、それ?

モノを売るお店だとしたら、実際に商品値上げをする前に、値上げの理由や新価格を含めたお知らせを出しますよね? ある日いきなり、今まで100円で売っていたものを125円にはしないですよね?

さらに、一回の値上げの幅は、よほどのインフレ状態でない限り1割程度のはず。そうじゃないと、買い控えが起こってお客さんが逃げちゃいます。

なのに、事前説明なしでいきなり2割を超える値上げですよ...bearing それでも代替えとなるサービスが近隣にないので、継続して入居せざるをえません。。。弊社だけじゃなくて他の人たちも。

そういえば、ちょっと前まで東京電力の値上げが頻繁に報道されていましたが、それと共通するものを感じてます。レンタルデスクも電気も、代替えがない強い立場の企業が一方的に値上げを宣言し顧客に対して十分な説明がないとなったら、そりゃ反感買うでしょう。。。でも、裏を返せば、独占的なサービスを提供している会社だったら、嫌でもそれを使わざるを得ないから、値上げし放題なのかもね。そこを顧客視点で考えると、やはり企業環境に健全なる競争は必要なんだ...

値上げ一つをとっても、いろいろ考えさせられますなあ。。。catface

2012年4月11日 (水)

桜、見納め?

今日の雨風で桜が散ってしまうと予想されたので、昨日のうちに井の頭公園へ。。。

桜がちょうど満開。

Sakura1

人もたくさん。先週後半に来た時よりもお花見客が多いみたい。ボートもかなり稼働中。ボート乗り場横のおだんご屋さんも大盛況。

Sakura2

やっぱり春はいいなあhappy01


2012年4月10日 (火)

引っ越し完了

やっとレンタルデスクの工事が終わり、なんとか荷物の搬入とMacの設置が終わり、通常業務ができる体制になりました。ふーgawk

この度は、工事と引っ越しに伴う臨時休業やワークショップの日程変更などでご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

新しい場所はこんな感じ。

Office

地下で窓がないことに加えて、部屋全体が微妙に薄暗く、かなり閉塞感があります。以前の場所より殺風景だし。なんか精神衛生上よろしくなさそうな環境かも〜coldsweats02

住めば都となってくれればいいのだけれど。

あ、そうそう、マウスパッドは「もやしもん」の乳酸菌ですhappy01

2012年4月 8日 (日)

別ワークショップ開発中

現在、弊社のワークショップは3種類。どれも5人前後のグループ向けの内容構成となっています。

それぞれについて新展開の内容開発を進めているところですが、それとは別に、違う形態のワークショップの開発も始めましたwink

2人組で参加して、お互いの理解をより深められるような内容になる予定です。先日、自分自身を第一弾のモニターにし、今はその成果物を踏まえて、色々とアイディアを練っているところ。この過程がとても楽しいhappy01

この形態のワークショップを着想したのは、実は、現在のワークショップの内容開発をしていた時なんです。

ワークショップを開発する過程で何度も自分や友人達がモニターになったのですが、その時に「これって、知った人同士が一緒に受講すると、お互いの知っているようで知らない一面が見えておもしろいな」と思ったことがきっかけです。

大人になるにつれて、つい生活に追われて、夢とか希望とか信念とか、そういうことって口に出さなくなってしまいますよね? 人によっては好き嫌いや興味ですらあまり表現しなくなっているかもしれません。

ですが、ワークショップの中で色々手を動かしたり、新しい刺激を受けることで、意図せずしてそういう「思い」のようなものが色や形や言葉になって現れてきます。その一端に触れることで、今までよりもお互いの発言や選択の裏にある意図や価値観が理解できるようになり、結果として絆が深まるのではないかと。。。

どう手を動かして、どんなものを作り、どんな刺激を受けるかは企業秘密だけど、成果物は今のところこんな感じ。

New_art1

今までの開発過程を見ていると、たいてい完成までに大きく形を変えるので、実際に提供する段階になった時の成果物・制作物はきっと全く異なったものになっているはず!?!

今夏以降提供開始予定なのでお楽しみにheart01

あわせて4月~6月の間に無料体験モニターになってくれる人も募集中です(日時応相談、場所は三鷹近辺、所要時間は2時間程度)。ご夫婦、ご友人、同僚、同級生など2人組での参加が可能な方がいらっしゃいましたら、弊社問い合わせページよりご連絡くださいませ。

2012年4月 6日 (金)

週末がピーク

昨日、所用あって吉祥寺に出かけたついでに井の頭公園をお散歩happy01  ようやく暖かくなってきて嬉しい限り。

Inokashira1

桜はまだ2~3割の開花状況ですが、公園内はレジャーシートを敷いてお花見をしている人たちでいっぱい。平日ということもあって、まだボートの稼働は少ないかなcoldsweats01

Inokashira2

お天気にもよりますが、たぶん明日明後日がお花見の人出のピークかと。桜の見ごろはもうちょっと後かもね。また来週前半の平日にお散歩に行ってみようっとhappy01

2012年4月 3日 (火)

粉飾と逆粉飾

ぼちぼち決算を迎えるにあたり、弊社顧問が「中小企業財務の見方超入門」という本を貸してくれたので現在熟読中catface

あまり気乗りせずに読み始めたのですが、この本が意外にすごく面白い!

何故かというと、決算書を作る立場での解説書ではなく、決算書類などを見て、その会社にオカネを貸すかどうかを判断する銀行の融資担当者向けに書かれた本だから。出版社は銀行研修社というところで、まさに特定の業界の人に向けた本ですcoldsweats01

この本は、中小企業の決算書類には多少の粉飾はあって当然というスタンスなのです。もちろん悪意ある故意の粉飾でなくても、グレーゾーンの解釈によって決算書類が全く異なる様相を示すということもあるので、その辺りの説明も入ります。加えて、ナニワ金融道ばりの実例も。。。

資産として土地・建物・設備が計上されているのに、所在地に行ったら何もなかったとかね(=架空資産の計上)coldsweats02

ふむふむ、ためになる~catface

確かに粉飾(=赤字を隠す)や逆粉飾(=黒字を隠す)をしたくなる気持ちも分からぬでもありませんが、それを悪意をもって故意に行ってはいかんでしょう。。。。

色々勉強させてもらいました。近いうちにナニワ金融道も追加で読んで、更に(弊社の決算には全く参考にならないことを)勉強させてもらいまーすhappy01

2012年4月 1日 (日)

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム

小学生の頃、図書室にあった子供向けのシャーロック・ホームズ全集を読みました。幼かった私には、ホームズのイギリス風な物言いも、ワトソン博士とのかけあいの妙味もイマイチよく分かりませんでした。故にそれほど熱中しなかったのですが、最終巻の挿絵にあった、滝の前で対峙するホームズとモリアーティ教授らしき人物の絵はうすぼんやりと記憶に残っています。

そんな記憶をたぐりながらこの映画を観ていたのですが、その滝のシーンは、挿絵とは何と異なる世界であったことか...

だからどうこう言うつもりはなく、原作のストーリーとキャラクターからこんな風に話を膨らませるには、相当な発想力と構成力が必要だろうなと感心するし、それをサポートする映像もとてもスタイリッシュで目をみはります。ただし、なにぶんにも中高年なもので、その切り替えの速さや動きには、イマイチついていけませんでしたcoldsweats01

なのに台詞だけは原作に忠実なようで、もったいぶった言い回しの早口のイギリス英語がちょっと聞き取りにくい〜gawk これも中高年のワタクシの耳が遠いせい???

あと、モリアーティ教授があまり切れ者にも、悪人にも、冷酷にも見えないのは何故???

まあ、三作目があるとしたら積極的に観に行かなそうな気はするけど(しかし大々的な宣伝に乗って観そうな気もする)、それなりに楽しめる作品ではあるかもね。個人的には、ホームズのカムフラージュ衣装と、ホームズのお兄さんがラブリーで好きかも。。。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »