« シャーロック・ホームズ シャドウゲーム | トップページ | 週末がピーク »

2012年4月 3日 (火)

粉飾と逆粉飾

ぼちぼち決算を迎えるにあたり、弊社顧問が「中小企業財務の見方超入門」という本を貸してくれたので現在熟読中catface

あまり気乗りせずに読み始めたのですが、この本が意外にすごく面白い!

何故かというと、決算書を作る立場での解説書ではなく、決算書類などを見て、その会社にオカネを貸すかどうかを判断する銀行の融資担当者向けに書かれた本だから。出版社は銀行研修社というところで、まさに特定の業界の人に向けた本ですcoldsweats01

この本は、中小企業の決算書類には多少の粉飾はあって当然というスタンスなのです。もちろん悪意ある故意の粉飾でなくても、グレーゾーンの解釈によって決算書類が全く異なる様相を示すということもあるので、その辺りの説明も入ります。加えて、ナニワ金融道ばりの実例も。。。

資産として土地・建物・設備が計上されているのに、所在地に行ったら何もなかったとかね(=架空資産の計上)coldsweats02

ふむふむ、ためになる~catface

確かに粉飾(=赤字を隠す)や逆粉飾(=黒字を隠す)をしたくなる気持ちも分からぬでもありませんが、それを悪意をもって故意に行ってはいかんでしょう。。。。

色々勉強させてもらいました。近いうちにナニワ金融道も追加で読んで、更に(弊社の決算には全く参考にならないことを)勉強させてもらいまーすhappy01

« シャーロック・ホームズ シャドウゲーム | トップページ | 週末がピーク »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/54376269

この記事へのトラックバック一覧です: 粉飾と逆粉飾:

« シャーロック・ホームズ シャドウゲーム | トップページ | 週末がピーク »