« 搬出完了 | トップページ | 粉飾と逆粉飾 »

2012年4月 1日 (日)

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム

小学生の頃、図書室にあった子供向けのシャーロック・ホームズ全集を読みました。幼かった私には、ホームズのイギリス風な物言いも、ワトソン博士とのかけあいの妙味もイマイチよく分かりませんでした。故にそれほど熱中しなかったのですが、最終巻の挿絵にあった、滝の前で対峙するホームズとモリアーティ教授らしき人物の絵はうすぼんやりと記憶に残っています。

そんな記憶をたぐりながらこの映画を観ていたのですが、その滝のシーンは、挿絵とは何と異なる世界であったことか...

だからどうこう言うつもりはなく、原作のストーリーとキャラクターからこんな風に話を膨らませるには、相当な発想力と構成力が必要だろうなと感心するし、それをサポートする映像もとてもスタイリッシュで目をみはります。ただし、なにぶんにも中高年なもので、その切り替えの速さや動きには、イマイチついていけませんでしたcoldsweats01

なのに台詞だけは原作に忠実なようで、もったいぶった言い回しの早口のイギリス英語がちょっと聞き取りにくい〜gawk これも中高年のワタクシの耳が遠いせい???

あと、モリアーティ教授があまり切れ者にも、悪人にも、冷酷にも見えないのは何故???

まあ、三作目があるとしたら積極的に観に行かなそうな気はするけど(しかし大々的な宣伝に乗って観そうな気もする)、それなりに楽しめる作品ではあるかもね。個人的には、ホームズのカムフラージュ衣装と、ホームズのお兄さんがラブリーで好きかも。。。

« 搬出完了 | トップページ | 粉飾と逆粉飾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/54368210

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズ シャドウゲーム:

« 搬出完了 | トップページ | 粉飾と逆粉飾 »