« サイバーシルクロード八王子 | トップページ | 5月のお題 »

2012年5月 1日 (火)

麺の定義

連休ですhappy01

毎年連休中のどこか一日は体を使ったことをすることにしています。長距離を歩いたり、自転車に乗ったり、山に登ったり。

今年は関東某所の山に出掛けました。しかし目的は山登りではなく、山までのサイクリングcoldsweats01 丸一日、40kmほどの距離をママチャリで移動したので、次の日は全身筋肉痛です。こんなんじゃトライアスロン出場はまだまだ遠い目標だなあ...catface

サイクリングの途中、山の麓に渋いお蕎麦屋さんがあったので、そこで手打ち蕎麦をいただきました。

この蕎麦がとっても個性的。普段、何も考えずに麺類を食していますが、思わず麺類の定義を考えてしまったほど。

辞書によると、麺とは「小麦粉などを捏ねて作った細長い食品」とあります。蕎麦(蕎麦切り)も、いわゆる麺類に含まれます。

ですが、このお店で出てきた蕎麦というのが、細くもなくて、長くもないcoldsweats02

Soba

しかし原材料は蕎麦の実。おそらく石臼で荒くひいて作った蕎麦粉のみを使って打たれた十割蕎麦です。かなり歯ごたえがあり、蕎麦の風味を十二分に楽しめます。濃いめのつけだれともよく調和しています。

しかし、これは麺かと言われたら、そうじゃない、、、かも?

スパゲッティは麺だけど、マカロニが麺かと言われたら微妙なところ。それと同じ感覚です。蕎麦というより、そば粉をつかったショートパスタみたいな。

メニュー書いてあった店主の言葉を見ると、喉ごしではなく噛みごたえを志向して打った蕎麦だそうなので、これはこれで目指すところではあるのでしょう。

うーん、しかし、やっぱり麺じゃないかもcatface

改めて蕎麦の美味しさの要素の一つに、つるつるっとした喉ごしがあるということを再認識しました。

« サイバーシルクロード八王子 | トップページ | 5月のお題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/54606208

この記事へのトラックバック一覧です: 麺の定義:

« サイバーシルクロード八王子 | トップページ | 5月のお題 »