« 恊働研究事業に採択されました | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »

2012年7月25日 (水)

7月のお花

こう暑くなってくると、お花の持ちが悪くなりますgawk

寒い時期は、一度いけたら数日はそのままで大丈夫なのですが、暑い時期は、2日で水を入れ替えて、器を洗ったり、水につかっていた部分の茎を切ったりという作業をしなければなりません。正直、結構な手間...gawk

しかし、それをしないと、茎が水の中で腐ってどろどろになったり、異臭を放ったりと、極めて不快な状況になってしまうのですよ。。。ちょっとの歯痛を放置しておくうちに、虫歯が悪化して甚大な被害を招くみたいな?

それはさておき、7月のお花のお稽古では、南天とカーネーションとポンポン菊を使いました。

南天と菊は丈夫な植物で腐りにくいのですが、カーネーションがデロデロ系。水につかった部分の茎が2〜3日でどろどろしてきて、あっという間に異臭を放つようになります。花はこんなに可憐なのに、、、shock

今回は涼しさを出すべく透明なガラスの花器にいけてみました。通常は枝で高さを出すのですが、今回は南天の緑の葉っぱを敢えて低い位置に置き、菊で高さを出しました。

Hana1

丸い菊が何かのアンテナみたいhappy01


« 恊働研究事業に採択されました | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/55276912

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のお花:

« 恊働研究事業に採択されました | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »