« 不味いお茶のアイスティ | トップページ | 出前一丁 »

2012年8月 6日 (月)

少年は残酷な弓を射る

先日観た「おおかみこどもの雨と雪」が子供の育っていく過程の良い面に光を当てた映画なら、こっちは正反対shock こんな子供だったらどうしようと思わせてくれる、明るくも楽しくもハッピーにもなれない映画です。

原作を読んでいないので、あくまでも映画からの印象ですが、親の育て方とか環境ではなく、子供の持って生まれた性格がなるべくしてこうなったという帰結のように見えました。。。もし愛情表現が豊かな母親に育てられたとしても、今度は別の人に対して鬱屈して問題行動をとりそうなので、結果は大差ないような気がします。残念だけど。。。

映画自体も、なんとも分かりにくい構成でした。現在と過去が行き来する上に、具体的に何がどうなの、という描き方をしていないので、見終わってもよく分からない感じ。テーマに応じて敢えてそうしているのかもしれないけれど、なんか後味悪〜gawk

ところで、邦題のタイトルを見た時に萩尾望都の某作品を想起してしまったのはワタクシだけではないはず? (その某作品も読むのが辛い内容ですが...)

これから子供を産む人(あるいは産もうと思っている人)は、心の準備をしてから見た方がよいかもね...catface

« 不味いお茶のアイスティ | トップページ | 出前一丁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/55363911

この記事へのトラックバック一覧です: 少年は残酷な弓を射る:

» 「おおかみこどもの雨と雪」 −映画− [読書日和]
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生...... [続きを読む]

« 不味いお茶のアイスティ | トップページ | 出前一丁 »