« 1月のお花 | トップページ | 給与と報酬 »

2013年1月31日 (木)

法定調書提出完了

期限ギリギリでしたが、昨日と今日で、年末調整関係の書類(法定調書といいます)をすべて仕上げて税務署と市役所に提出してきました。

月末である上に、法定調書の提出期限で、なおかつ確定申告開始前ということもあって、税務署は大賑わい。なんか、書き入れ時〜coldsweats01

法定調書を作成するのは今回が始めてでしたが、その過程で学んだことがあります。

勤務先から給料をもらっている場合、大抵の人は、住民税は給与から天引きされていますよね? これ、不思議に思ったことはないですか? 各人で収入が違い、社会保険料等も違う上に、各自治体で税率も違う中、どうして一人一人のところに税額のお知らせが届いて、しかもそれが給料から天引きされるんだろう?

このカラクリが分かりましたhappy01

なんのことはない、お給料を払っているところ(=会社)で、一人一人の源泉徴収票と同じものをそれぞれの人が住む自治体に提出しているのです。100人スタッフを雇っていて、100人全員が異なる市区町村に住んでいる場合は100カ所に提出です。うわー。。。coldsweats02 うちで人を雇う時は近隣限定にしよう。。。

で、源泉徴収票には、年間の給与総額の他に社会保険料や生命保険料などの控除対象の金額も明記されているので、各自治体はそれを使って翌年の住民税を算出しているというわけ。

ちなみに、給与所得者が確定申告をすると、当初会社から提出された源泉徴収票のデータが確定申告データで上書きされ、こちらを元に住民税が計算されるようになります。

そういう仕組みなので、2カ所以上からそれなりの給料をもらっているのに1カ所だけだとトボケていたり、給与収入の総額をごまかしたりしたら、バレますgawk 下手をすれば脱税とみなされて、追徴課税に重加算税が課せられてしまうこともあります。気をつけましょうねcoldsweats01

さすが国の根幹だけあって、徴税の仕組みは抜けがないようになっていますなあ。。。catface

« 1月のお花 | トップページ | 給与と報酬 »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/56667303

この記事へのトラックバック一覧です: 法定調書提出完了:

« 1月のお花 | トップページ | 給与と報酬 »