« Death comes to Pemberley | トップページ | 手前味噌 »

2013年2月26日 (火)

成果報告会終了!

報告書を提出し、必要書類も提出し、三鷹ネットワーク大学との恊働研究事業は、最後の山場の成果報告会を迎えました。

前日になんとかプレゼンテーションを仕上げ、当日に最終調整をし、いざ会場へ。。。行ってみたら会場がほぼ満席になっていて、とても驚きましたcoldsweats02

なんとか所定時間内に説明を終え、大変有意義なご意見やコメントをご来場の皆様からいただくこともできました。自分では思いもよらなかった発展案をいろいろご意見いただけて非常に参考になりました。ありがとうございます!

それにしても、前職でもプレゼンの機会は少なくはなかったのですが、起業しても、なかなかに多いですねcoldsweats01

起業してからのプレゼンは、広く一般に向けてという要素が強いため、会社内でプレゼンする時とは異なる気配りが必要だなと感じてます。

一般に、話しているワタクシのことを全く知らず、なおかつワタクシが話そうとする内容についても全く知らない人に向かって話すので、どこを共通理解の基点するかの線引きが難しい。そして、制限時間内に話を聞いてもらい、その上で理解して興味を持ってもらったりしなければならないので、身近な例を出すとか簡単な図表を入れるとかの、工夫も必要。さらに早口になりすぎず、かといって「えー」とか「あー」とかで口ごもらず、滑舌よく話していくのは結構大変。

おかげさまで、毎回いろいろな試行錯誤をさせてもらってますcatface

ちなみに、今まで日本人、外国人のいろいろなプレゼンを見てきましたが、強烈にすごいと思ったのは故スティーブ・ジョブス。あと、アメリカの若い女性起業家のプレゼンで、まったく字が入っていないスライドの連続を見た時には、とても驚かされました。

敢えて個人の好みを述べさせてもらえば、スライドに細かい字でびっしり説明を書き込んで、それを読み上げるだけのプレゼンは、聞いていてつまんないなーgawk むしろ絵と写真だけでも語り口が面白い方が好きかも。

« Death comes to Pemberley | トップページ | 手前味噌 »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/56845076

この記事へのトラックバック一覧です: 成果報告会終了!:

« Death comes to Pemberley | トップページ | 手前味噌 »