« ベンチャーカレッジ19期での講義終了 | トップページ | La confiture aux fruits des bois »

2013年6月20日 (木)

Inferno

5月半ばに購入した、ダン・ブラウンの「インフェルノ」を読み終えましたhappy01

今回初めてiPadにKindleアプリを入れて電子版を読んだのですが、とても読みやすかったです。

分からない単語があってもすぐに電子辞書を起動して調べられるし、文字の大きさを調整できたり、気になるところにマーカーをつけたり、いろいろできるので、とても楽に読めました。強いて難を言えば、iPadにはそれなりの重量があるので、仰向けで寝そべって読んでいると腕が痛くなること...coldsweats01

今後に向けての希望ですが、作品中に登場する絵や建物の写真とか地図とかを入れてもらえると、さらに楽しい読書体験になるかも。都度都度ネットで調べてもいいのですが、ワイヤレス環境がないところで読んでいるとちょっと不便。紙の本だと、一部分をカラー印刷にするとコスト高になりますが、電子書籍だと関係ないしねwink

で、その「インフェルノ」、すっごくおもしろかったですhappy01

増え続ける人口、それに伴って起きるかもしれない食料や資源の不足、もしそのような枯渇状況になったとしたら人は人間性を維持できるのだろうか、という問いがダンテの神曲と絡んで展開します。エンターテインメントとしても上出来だし、ところどころに入る美術や宗教に関する蘊蓄もおもしろいし、人口と人間性の問題についても考えさせられるし、なかなか読み応えがありました。ロバート・ラングドンシリーズが好きなら読んで損はないです。

英語で読んでそんなに難しくはないけれど(ただし、主人公が美術史教授なのでところどころ無駄にペダンティックな言い回しありcoldsweats01)、人気作家なので、そのうち日本語訳が出るでしょう。。。いや、きっと既に誰かが翻訳中に違いない。。。

« ベンチャーカレッジ19期での講義終了 | トップページ | La confiture aux fruits des bois »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/57628989

この記事へのトラックバック一覧です: Inferno:

« ベンチャーカレッジ19期での講義終了 | トップページ | La confiture aux fruits des bois »