« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

華麗なるギャッツビー

久々に映画館でレオナルド・ディカプリオを見たら、貫禄がついていて驚きましたcoldsweats02 主人公が魅惑的に微笑むシーンがあるのですが、そこでアップになったお顔は、どう見てもオッサン。。。(ファンの皆さん、ごめんなさい)

映画を観る前に原作を読んでいたので、どんな風に映像化されるのかを楽しみにして観に行きました。なるほど、誠実で善良なニックの配役はぴったり。あとはマッチョで傲慢なトム役も。

映画全体は、1920年代のデザイン要素を取り入れた2010年代の映画という印象です。パーティのノリは、もう、そりゃ現代でしょうcoldsweats01 音楽もヒップホップ系だしね。その中で、1920年代の要素を取り入れたファッションはとっても素敵。

あとは、映像のそこかしこが嘘っぽいんだけど(1920年代が舞台のはずなのにどう見ても2013年っぽいところとか)、それがこの話のテーマの一つである(とワタクシは思う)「虚飾」を感じさせる効果になっているようにも思えました。

ストーリーはいろいろな捉え方ができますが、ある面だけを切り取ると、人妻になった元カノに未練たらたらの男と、弱くて愚かな女のラブストーリーgawk そこに虚飾や虚栄が絡んで展開するので、見終わった後になんとも割り切れない、微妙にいや〜な感じが残ります。でも、それを含めておもしろい作品でした。

今回、原作はiBooksのライブラリから原著をダウンロードしました。著作権が切れている作品なので無料です。ありがたいcatface

それにしても。。。

iBooksがない時代だったら、公共の図書館の文学全集の中から昔に日本語訳されたものを探すか、大学図書館で原著を探すかです(最近の村上春樹訳は除く)。なのに今はクリック一つで原著をダウンロードですよ!?! いやあ便利な世の中になったものだ。。。日本語の昔の名著も、青空文庫だけじゃなくて、どんどん電子化して無料または廉価で配布してくれるとありがたいのにcatface

2013年7月24日 (水)

そらまめの冷製ポタージュ

シーズン最後のそら豆は青森県産でした。

いささか薹が立っていたので、茹ででつぶしてポタージュにしました。さやから出して一回茹でて、皮を剥いて、今度は炒めたタマネギとスープストックで柔らかくなるまで煮込みます。柔らかくなったら、つぶして裏ごしして、牛乳や豆乳で伸ばして味を整えてできあがり!

結構な手間ですgawk

が、おいしいものを食べるためならしょうがない。特に裏ごしの一手間を入れるか入れないかで、できあがりは大きく違ってきます。こういうちょっとした一手間が結果を左右するところが、お料理の奥深さ。。。

今回は裏ごししたそら豆を豆乳でのばしたところに、さらに裏ごしした絹ごし豆腐を入れてもったり感を出しました。

Soramame

冷やして供すると、コクがあってまろやかで、うましheart

そしてさりげなくタンパク質豊富なメニューであることもポイント高しhappy01

現在、ワタクシはなんちゃってランナーなので、走った後のプロテイン補給は必須なのです。しかし、暑くなってくると、焼いた肉とか魚とか唐揚げとかには食指が動かなくなります。。。そんな時に、こういう液体系は嬉しいたんぱく源♪ ただ、作る段階の手間と加熱調理の時間が難点なんだけどcoldsweats01

きっと枝豆でもおいしいはずなので、今度は枝豆でつくってみよっとhappy01

2013年7月23日 (火)

走る理由

ランニング講座に行ってみたり、ハーフマラソン大会に出てみたりと、いきなり走り始めたのには理由があります。

それは、、、

今年の9月にフルマラソンを走るからcoldsweats01

あ、無謀な挑戦だと思ったでしょ?

大丈夫、本人が一番よく自覚しています。とりあえずタイムとか完走とか、そういうハイレベルなところは目標にしていません。参加する事に意義がある、ということでcoldsweats01

その9月のフルマラソンは、メドックマラソンといって、フランスのボルドー地方、メドックで開催されるマラソン大会です。仮装をして走ることが必須で、エイドステーションはワイナリー、出てくる飲み物はシャトーの蔵出しワイン、という酔狂っぷり。全世界からワイン好きの強者が集まるお祭りです。こりゃあ、ワイン好きとしては一生に一度は行かないと!

そう思ってはいても、ここ数年は健康を取り戻すのに精一杯で、とてもマラソンどころじゃありませんでした。そこで、昨年「もし大きな病気をせずに冬を乗り切れたら、思い切ってマラソンに行っちゃえ」と決めたのです。

運良くというか、極めて珍しくというか、何も病気をせずに冬を乗り切れたので、思い切って行く事にしました。幸い自営業なので仕事はどうとでもなるし(反対に、来年はもしかしたら行き倒れているかもしれないし、どこかに就職しているかもしれないし)、体力的な面では今が一番若いし(来年健康である保証はないし、健康であっても今年よりは1歳年をとっているし)。

決断の際には、今年の1月に参加したTwinkleさんのワークショップで作った作品も背中を押してくれました。実は部屋の壁に貼って、毎日眺めていたのですよcatface  これ、宣伝云々は抜きにして、やりたいことを言葉やビジュアルにして目につくところに置いておくって、ほんと、実現を後押ししてくれます。

それはさておき、走ることについてはまったくド素人なワタクシ。。。

それでランニング講座に出たり、ハーフマラソンに出たりして研鑽を積んでいるわけなのです。この努力が別の方向に向けばもっと実のある結果を出せるだろうに。。。gawk

ランニング講座に出ている間は、走る度に体調を崩し、どうなることかと思いましたが、ようやく最近病気をしなくなりました。ふー。ちょっとは慣れてきたと思いたい。

とりあえず8月の間、地道にトレーニングを積んで、なんとかメドックから生きて無事に帰って来れるようにがんばります!

あ、で、もし帰国後多大に体調を崩した場合は、しばらく休業とさせていただきますので、あらかじめご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2013年7月20日 (土)

小布施見にマラソン

実は、、、

なにを血迷ったか、ハーフマラソン大会に出場してしまいましたgawk

しかも、恥ずかしながら完走しましたcoldsweats02

走った後に、一体どんな筋肉痛や免疫力低下に襲われるか戦きながら一週間ほど様子を見ていましたが、今のところ、特に何もないのでたぶん大丈夫でしょう。。。これから何かが遅れて出てこないことを切に願う!!!

今回の出場の目的は、マラソンがどんなものかを知ることです。

故に、記録は一切気にせず、さらには完走すら目標にしていませんでした。だって、大会前日の時点で、連続走行可能距離は3kmだったんだもん(<--無駄にいばるcoldsweats01) そんなわけで裏の目的は死なないことgawk

おかげさまで生きた状態で戻って参りました。まずはなにより。

初めてのハーフマラソンは、とっても楽しかったです。

ちょっとしか走れない鈍足のワタクシですが、遅い人(自己申告)のスタート地点は最後の最後。スタートの号砲が鳴り響いてもしばらくは停まっていて、やっと動いたと思ってものろのろの徒歩だし、スタート地点を過ぎても数キロは歩きに近いようなスピード。さらに、コース中も道幅が狭いところは必然的に渋滞して徒歩。というわけで、ハーフマラソンと言いつつも、歩いたり走ったりの連続でした。そのおかげで、心拍数はほとんど上がらず、息苦しさは感じなかったです。よかったー。

エイド(水とかを出してくれるところ)は、大体500m毎にあって、水だったり漬け物だったり(これが汗をかいているのでとてもおいしい)フルーツだったりが出てくるので、スタミナ切れもなかったです。これもよかった。

ただ、走り込む量が少なかったもので、まだまだ走るための筋肉がついておらず、途中で筋肉痛になりましたwobbly 15kmまでは走ったり歩いたりで到達できたけれど、最後の3kmは足が重くてほぼ歩き。辛かったです。フルマラソンに向けてはこの辺が課題だなあ。。。

ちなみに参加したのは「小布施見にマラソン」という大会です。

こんな田んぼの中の道(点が連なるように見えているのがランナー)や、

Obuse1

ぶどう畑の横とか

Obuse2

ネクタリン畑(?)の横とか

Obuse3

りんごの木や

Obuse4

栗の木の間を走ります。

Obuse5_2

他にも、民家の庭先や土手を走り、変化に富んでいるので、とても楽しく走れました。朝6時がスタートだったので、気温が低くて日差しもさほどではなく、とても走りやすかったです。

さ、しばらく休養して、またトレーニングしようっとhappy01


2013年7月18日 (木)

あんずジャム

あんず第二弾はジャムhappy01

あんずは生で食べると酸味が強かったり、味がぼやけていたりするのですが、糖分を補って加熱調理することで、俄然おいしくなります。さらに、とろっとした食感になるところも良し。

今回は、きび砂糖を使って甘さ控えめで作りました。はちみつで作ってもおいしいよ!

Anz3


2013年7月16日 (火)

あんずのファーブルトン

あんず大好きheart なのに出回る時期は7月上旬の一瞬だけ。ちょっとタイミングを逸すると入手できなくなってしまう。。。sad

今年は運良く状態のよいものを入手できたので、まずは、あんず入りのファーブルトンを作りました。

この間ファーブルトンクラフティを作ってみて、なんとなくファーブルトンのもっちり感が恋しかったので、こっちにしました。きっとクラフティでもおいしいんだと思う。というか、この二つ、材料の配合が少し違うだけで、ほとんど同じようなものcoldsweats01

あんずは二つに割って、種をとって、そのまま型に並べました。ファーブルトンの生地はこの間作ったものよりは、若干小麦粉多めでクラフティに近い形。

焼き上がって、ふくらみがへこんだらこんな感じになりました。

Anz1

しわしわですcoldsweats02

で、これを切ると、こうなります。

Anz2

以前ファーブルトンを作った時は、まだそれほど暑くなかったので、ほのあたたかい状態で食べるのがベストでした。

が、最近の高温下では、冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめhappy01 プリンよりはしっかりした食感だけど、むっちりなめらかで、うまし。バターは風味付け程度にしか使っていないので、あっさりしているところも夏によし。

あと、温かいとあんずの酸味が強く出てきてしまうので、この点でも冷やした方がおいしいかと。冷やすと、ほどよい酸味と感じるくらいになります。でも、酸味が苦手な人は、あんずに蜂蜜を絡めてから型に並べて焼いてもよいのかもね。

こういう、おばあちゃんの手作り系のお菓子は、洋の東西を問わず、素朴でおいしくていいなあ。体によいものが材料であるところもwink

おいしうございましたcatface


2013年7月12日 (金)

今年も恊働研究事業に採択されました

昨年、三鷹ネットワーク大学の「民学産公」恊働研究事業に採択され、「若手社会人向けお金にまつわる基礎知識を学ぶプログラム研究開発事業」として集合研修で使える形のゲーム要素をふんだんに取り入れたプログラムを開発しました。

で、それを実際に開催できるように準備を進めているところなのですが、いろいろ改善ポイントが見えてきました。

だったら小手先の改善ではなくて、時間をかけてがっちり改良版を開発しちゃえと、だめもとで今年度の恊働研究事業に申し込んでいたのです。書類審査やプレゼンテーション審査を経て、先日、採択されたという連絡を受けましたhappy01

よかったーhappy01

費用やスケジュールなど詳細に関する審査はこれからですが、とりあえず大筋ではOKだったということで、ほっと一息ついています。

これからどう改良していくかのイメージは既に頭の中にあるのですが、実際に形にして動かしていくのは、楽しくもありしんどくもある作業です。そしてまた来年早々にレポート作成かぁ。。。

さ、8月からがんばろうっとcatface

2013年7月11日 (木)

7月のお題

とうとう王維の詩の最後の4文字に到達しました。7月のお題は「有学無生」です。ただし「学」と「無」の2文字が旧字体のため、ちょっと複雑になっています。

楷書は「有」と「生」が難しいgawk シンプルな字ほど、一画一画の起筆終筆が大事になってくるし、ちょっとバランスが崩れただけで全体が総崩れになってしまいます。

そういうわけで、たかだか半紙に字を4つ書くだけでも集中力が必要になるなあ、と思い知らされる今日この頃。実際に、何枚も書いていると集中力が途切れてくるのが自分でも分かるようになってきましたし。

で、最近は、楷書で集中力が途切れたら行書を書くようにしています。どうやら性格的に行書が向いているようで、こっちの方が書いていて楽しいhappy01 一筆で勢い良く書くところが大雑把な性格に合っているのかしら???

ちなみに、行書の場合は集中力が途切れるというよりは、字に勢いがなくなってくるので(スタミナ切れ?)、それを感じたら練習終了。

上手になるまでには、まだまだ時間がかかるなあ。。。catface

2013年7月 9日 (火)

大洗ビーチ

この間、茨城県の大洗に行ってきましたhappy01 初めて出かけるエリアです。

もうちょっと早かったら潮干狩りができたし、もうちょっと遅かったら海水浴ができたんだけど、ちょうど合間の時期だったので、海岸散歩でおしまい。それでも小石や砂の上を歩くにはかなりの脚力を要し、いいトレーニングになりました。どうりで昔の青春ドラマで、砂浜を走って足腰を鍛えるわけだ。。。catface

ここの海岸は、岩場が多くて、波立つ様子がワイルドで、海遊びしたら楽しそう。海開き後にまた来たいなあhappy01

そして海に突き出た岩の上に鳥居が!

Umi

大洗磯前神社の鳥居だそうです。

神社としての由緒は別にあるとしても、根底には、昔の日本人が感じていたであろう自然に感謝する気持ちとか、自然の神秘や力を崇める気持ちがあるように思えました。

そうそう、近くの農産物直売所で買った花ニラがおいしかったですhappy01


2013年7月 8日 (月)

休みをどうする問題

実は5月の連休明けから諸々が立て込んでおりまして、ふと気付くと平日も土日も、仕事や用事その他の予定が入り、ちゃんと休みを取っていませんでした。

とは言うものの、自営業は時間が自由になることが最大の長所。

疲れたなあと思った時はちょっと家で寝ているとか、昼間にプールで泳ぐとか(正しく言うとプールの横の泡の出るお風呂につかるとか)、そういうことをしてなんとか凌いでいました。それで大丈夫と思っていたのですが、7月に入って諸々が一息ついた途端、ガクッときましたcoldsweats02

体も疲れていたけれど、それよりも、なんというか、やる気というか、気力というか、精神的な活力のようなものが枯渇してしまった感じですshock

燃え尽きるほど何かをしていたわけではないので、燃え尽きたというよりは燃料切れと言いましょうか。。。

どうやらワタクシ、メンタル面での活力を保つためには、映画を見るとか、本を読むとか、博物館に行くとか、旅に出るとか、何か「おもしろそ」と思える刺激や新しい知識/情報を入れていかないと駄目なタイプみたい。しかも割と頻繁にcoldsweats01  うーん、贅沢なんだか、質素なんだか。。。

そういうわけで、改めて、休みの取り方および充電の仕方を検討中です。

理想をいえば、最低でも週に1日は休日にして、日々の予定の合間をぬって何か自分を楽しませるようなことをして、さらに年に数回は旅に出るとか???

その際に、ちょこちょこ休みを入れたほうがよいのか、それともどーんと休暇を取った方がよいのか、その両方が必要なのか、その辺も考えどころかと思います。ちょこちょこ休んで、まとめても休んでというのは、日本人が昔から持つ勤勉の美徳に反するような気もするけど、ルーティン要素が低い仕事の場合はそうしないと長期的な生産性は保てないはず。。。catface

自営業の場合、お金につながる、つながらないは別にして、日々やることは膨大にあります。しかも、どれも自分でゼロから始めるので、ルーティンワークの要素が低くて結構大変なのですよ。。。そんな状況で心身ともに活力が低下してしまうと、何もできなくなってしまう。そしてそれは死活問題...gawk ただ、それをなじる上司もいないので、対人的なストレスは溜まらないんだけどcoldsweats01

とりあえず、これからは疲れる前に積極的に休みを入れつつ、ちょこちょこと自分を楽しませることをしていかないと、と認識しました。今回、自分に必要なものがわかったことは一つの収穫でした。あとは試行錯誤してみまーす。

それにしても、40過ぎて気付くとは、我ながらなんとも鈍い限りであることよ。。。

2013年7月 1日 (月)

決算終了!

おかげさまで、二期目の決算を終えて、必要諸税の納付を済ませてきました。

なんとか納税分のお金は捻出できたものの、この出費が痛いことよ。。。shock 法人の都民税市民税は、赤字であろうと7万円は最低額として支払わなければなりません。そこに弥生マイスターへ税理士報酬もお支払いしたので、出費がとてもツライ(恥ずかしながら、おまけしてもらいましたcoldsweats01)。嗚呼、来年こそ楽々と支払えるようになりたい。。。catface

で、今年の決算ですが、2回目なので、昨年と経費の比較をすることができました。これが、なかなか勉強になるし、おもしろい。

もともとあまり大それた事をしないタイプなもので、初年度の出費もかなり少なめに抑えたつもりでした。某ビジネスプランコンペティションから支援金をいただいたのですが、周りの人達とはゼロが1つ少ない金額でしたしねcoldsweats01 それでも、やはり初年度の支出は大きいものでした。そして、今となっては「もうちょっと節約できたかも」とか「なくてもよかったかも」と思える支出もちらほら。

その反省が、2期目の途中あたりから実感として活かされるようになってきたので、3期目となる今年度は、さらに経費の節減ができそう。。。ただ闇雲に削るというよりは、どういう観点で費用対効果をはかるのか、という自分なりの基準が見えて来たので、それはそれで一つの収穫なのかも?

それにしても、こういうことって、あらかじめ本を読んだり他の人の話を聞いたりして知識を仕入れておいても、やはり自分で経験して、自ら掴み取っていかないと体得できない知識なんだなと、実感しました。いろいろとしんどいことは多いですが、こういう、どこかに勤務していてはでき難い経験ができたところは、起業してよかったことだなと思ってます。

あとは、なんとか収益を上げることができるといいんだけど。。。coldsweats01

今期もなんとか生き延びられるようにがんばりますぅcatface

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »