« 今年も恊働研究事業に採択されました | トップページ | あんずジャム »

2013年7月16日 (火)

あんずのファーブルトン

あんず大好きheart なのに出回る時期は7月上旬の一瞬だけ。ちょっとタイミングを逸すると入手できなくなってしまう。。。sad

今年は運良く状態のよいものを入手できたので、まずは、あんず入りのファーブルトンを作りました。

この間ファーブルトンクラフティを作ってみて、なんとなくファーブルトンのもっちり感が恋しかったので、こっちにしました。きっとクラフティでもおいしいんだと思う。というか、この二つ、材料の配合が少し違うだけで、ほとんど同じようなものcoldsweats01

あんずは二つに割って、種をとって、そのまま型に並べました。ファーブルトンの生地はこの間作ったものよりは、若干小麦粉多めでクラフティに近い形。

焼き上がって、ふくらみがへこんだらこんな感じになりました。

Anz1

しわしわですcoldsweats02

で、これを切ると、こうなります。

Anz2

以前ファーブルトンを作った時は、まだそれほど暑くなかったので、ほのあたたかい状態で食べるのがベストでした。

が、最近の高温下では、冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめhappy01 プリンよりはしっかりした食感だけど、むっちりなめらかで、うまし。バターは風味付け程度にしか使っていないので、あっさりしているところも夏によし。

あと、温かいとあんずの酸味が強く出てきてしまうので、この点でも冷やした方がおいしいかと。冷やすと、ほどよい酸味と感じるくらいになります。でも、酸味が苦手な人は、あんずに蜂蜜を絡めてから型に並べて焼いてもよいのかもね。

こういう、おばあちゃんの手作り系のお菓子は、洋の東西を問わず、素朴でおいしくていいなあ。体によいものが材料であるところもwink

おいしうございましたcatface


« 今年も恊働研究事業に採択されました | トップページ | あんずジャム »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/57804617

この記事へのトラックバック一覧です: あんずのファーブルトン:

« 今年も恊働研究事業に採択されました | トップページ | あんずジャム »