« 決算終了! | トップページ | 大洗ビーチ »

2013年7月 8日 (月)

休みをどうする問題

実は5月の連休明けから諸々が立て込んでおりまして、ふと気付くと平日も土日も、仕事や用事その他の予定が入り、ちゃんと休みを取っていませんでした。

とは言うものの、自営業は時間が自由になることが最大の長所。

疲れたなあと思った時はちょっと家で寝ているとか、昼間にプールで泳ぐとか(正しく言うとプールの横の泡の出るお風呂につかるとか)、そういうことをしてなんとか凌いでいました。それで大丈夫と思っていたのですが、7月に入って諸々が一息ついた途端、ガクッときましたcoldsweats02

体も疲れていたけれど、それよりも、なんというか、やる気というか、気力というか、精神的な活力のようなものが枯渇してしまった感じですshock

燃え尽きるほど何かをしていたわけではないので、燃え尽きたというよりは燃料切れと言いましょうか。。。

どうやらワタクシ、メンタル面での活力を保つためには、映画を見るとか、本を読むとか、博物館に行くとか、旅に出るとか、何か「おもしろそ」と思える刺激や新しい知識/情報を入れていかないと駄目なタイプみたい。しかも割と頻繁にcoldsweats01  うーん、贅沢なんだか、質素なんだか。。。

そういうわけで、改めて、休みの取り方および充電の仕方を検討中です。

理想をいえば、最低でも週に1日は休日にして、日々の予定の合間をぬって何か自分を楽しませるようなことをして、さらに年に数回は旅に出るとか???

その際に、ちょこちょこ休みを入れたほうがよいのか、それともどーんと休暇を取った方がよいのか、その両方が必要なのか、その辺も考えどころかと思います。ちょこちょこ休んで、まとめても休んでというのは、日本人が昔から持つ勤勉の美徳に反するような気もするけど、ルーティン要素が低い仕事の場合はそうしないと長期的な生産性は保てないはず。。。catface

自営業の場合、お金につながる、つながらないは別にして、日々やることは膨大にあります。しかも、どれも自分でゼロから始めるので、ルーティンワークの要素が低くて結構大変なのですよ。。。そんな状況で心身ともに活力が低下してしまうと、何もできなくなってしまう。そしてそれは死活問題...gawk ただ、それをなじる上司もいないので、対人的なストレスは溜まらないんだけどcoldsweats01

とりあえず、これからは疲れる前に積極的に休みを入れつつ、ちょこちょこと自分を楽しませることをしていかないと、と認識しました。今回、自分に必要なものがわかったことは一つの収穫でした。あとは試行錯誤してみまーす。

それにしても、40過ぎて気付くとは、我ながらなんとも鈍い限りであることよ。。。

« 決算終了! | トップページ | 大洗ビーチ »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/57750953

この記事へのトラックバック一覧です: 休みをどうする問題 :

« 決算終了! | トップページ | 大洗ビーチ »