« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

今年も出展します!

今年も11月のSOHOフェスタに出展します!

今年の開催は11月6日(水)の午後。

平日の午後に三鷹で開催となると、そりゃ近隣の暇な人しか来ない確率が高く(実際、近隣のシニア層多し)、プロモーション効果としては限定的なのですが、まあ手軽に出展できるし、横のつながりができたりもするので、今年も出展することにしました。ま、来年はどうかわからんけどねcoldsweats01

今年は当日にいろいろと運営業務があるので、自社ブースから離れている時間が長くなりそう。なので、人がいなくてもいいような展示にしないとね。さて、ぼちぼちどうするかを考えなくちゃ。

あと、まだ未定だけど、たいてい何かしらの基調講演があったり、IT関連のイベントや地元商店街の出店があったりするので、ふらっと立ち寄ったとしても、それなりに楽しいイベントにはなるのではないかと。

ご興味あって、時間が空いていたら是非お立ち寄りくださいhappy01

現在、出展者も募集中なので、何かちょっとした自営業か副業をやろうと思っている人は検討してみてもよいかもよ?

2013年8月29日 (木)

ペーパーボーイ 真夏の引力

表題の映画を観てきました。観る前は恋愛要素のあるサスペンスをイメージしていましたが、いやいや、とんでもないcoldsweats02 どうにも気分が悪くなりそうな作品でした。

舞台は1960年代後半のアメリカ南部。そこで起きた事件の容疑者として沼地に住む無法者が逮捕収監されるのですが、どうもそれが冤罪らしいというところから話が始まります。冤罪を晴らしていく過程の中で、人間の凶暴性とか、どろどろした欲望とか、裏表とか、そういうダークな面がねっとりと描かれていて、かなり辟易しました。安っぽいハッピーエンドの作品も好きじゃないけど、ここまでねっとりしているのもなあ。。。gawk

副題にあるように時期は夏。南部の湿った暑さを感じさせる描写が多くて、それもげんなりさせてくれます。特に、容疑者とその親族が住んでいる沼地が尋常じゃない。

映画の中でも「こんなところに人が住んでいるとは...」という形で描かれるのですが、まさに前文明的な生活。掘建て小屋の軒先に、その辺で捕まえたワニが吊るしてあるのですよ。

ちなみに、映画の最後のクレジットによると、どうやらロケ地はルイジアナ州らしい。あんな沼地、ほんとにあるんだ。。。gawk アメリカ、恐るべし。

あとは、その時代のアメリカ南部らしく、まだ顕著に人種差別が残っている様子にも驚きました。奇しくも今日はキング牧師の演説から50年。まだ50年しか経っていないんだという驚きと、それでもこの50年で状況は大きく変わったなあという驚きを両方感じましたcatface

あと、やっぱりこの時代はパンツが白いのね、ということも再確認coldsweats01

2013年8月27日 (火)

半沢直樹を見てみた

今クールの人気ドラマ「半沢直樹」を見てみました。当初は全く興味がなかったのですが、見ている人から色々話を聞き、ようやくこのタイミングで見てみたという次第です。

確かに善悪のキャラ設定がはっきりしているし、濃すぎるくらいの演技や演出で分かりやすいし、爽快感もあるしで、人気が出るのも納得ですcatface

ただ、途中から見始めたので、どうも本筋や主人公には入り込めず、ついつい周りにばかり目がいってしまいましたcoldsweats01

8月25日の放送を見たのですが、つい気になってしまったのは、なんとも小悪党な人達gawk

その一は、自分の好き嫌いで難癖をつけて融資を申し込んだ人に散々な対応をする銀行員。

あのー、そもそもお金を貸して利子で稼ぐ商売が銀行なのに、その本来業務を怠っていていいのでしょうか? しかも自分の好き嫌いだけで、いじめまがいの言動をしてるcoldsweats02 それでも給料が貰えるっていいよね...(しみじみ)

その二は、融資を受ける側なのに、担当者にまかせっきりで事業計画すら書かない社長。

あのー、社長の仕事は事業計画を作って、融資の相談に出向くことだと思うんですけど、それを部下(とはいえ、銀行からやって来た人)にまかせっきりで知らんぷりというのは経営者失格でしょ? それでも経営者報酬をもらえる会社っていいよね...(しみじみ)

この他にも派閥があったり、大ボスらしき人が出て来たり、勧善懲悪の要素があったり、すべてが極端なくらい分かりやすく描かれていて、なかなかおもしろかったです。でも、ちょっとその分かりやすさが物足りなかったかな。。。catface

2013年8月26日 (月)

甘酒

今年は夏バテの度合いが低いと思っていたのですが、さすがに連日の厳しい残暑で、お盆を過ぎたあたりから食欲が落ち、体力も落ちてきました。気がつくと浜に打ち上げられた魚のようにぐてーっとなってますgawk

そこで、これじゃあいかん、と体力気力を振り絞って甘酒を作りました。買わずに作るというところが、なんともワタクシらしい...coldsweats01

ちなみに、甘酒には、アミノ酸、糖分、ビタミンB群が豊富に含まれていて、その上消化吸収しやすい状態になっているため、江戸時代には夏を乗り切るための栄養ドリンクだったそうです。

作り方は、まずはお粥を炊いて、次に米麹をまぜて、その後50〜60度で6〜7時間発酵させるとできあがり!

暑い中お粥を炊くのがおっくうだったのと、その後、熱を発する物体を部屋に置いておくのが嫌で敬遠していましたが、作ってみたらそれほど大変なことはなかったです。なーんだ、こんなことならもっと早くに作っておけばよかった。。。

できあがりは、自然な甘さがすっきりしてておいしheart かなりどろっとした濃いめの仕上がりになっていますが、形状からイメージされるベタベタの甘さはまるでありません。スプーンで掬ってそのまま食べたり、冷水を少し足してさらさらっと飲んだりしてます。

少しだけお水を足すと...

Amazake

カルピスみたい!?!

何らかの効果があるのかどうかは、1リットル分を消費してから検証ということでcatface

2013年8月23日 (金)

ベンチャーカレッジ夏期短塾

今年もSOHOベンチャーカレッジ夏期短塾が開催されたので、起業後の実際というテーマでお話させていただきました。

今回もこじんまりとした講座でしたので、「ぶっちゃけどうなの?」という類いの質問をいただけて(こういう質問は大人数だと出てこないのですよ)、ワタクシとしても楽しかったですhappy01

そこでも話したのですが、近年のICT技術の発達により「起業」の範囲は広まっていると思います。昔だったらあり得ないようなことで収入を得たり、社会と関わったりする手段が持てることは素晴らしいと思います。たとえば、15年前だったらブログを書いてアフィリエイトで収入を得るとか、できなかったでしょ?

そういうわけで、何かやりたいことがあれば、広い意味での「起業」は誰にでもできると考えています。

ですが、そうは言っても、起業して活動を継続して収益につなげていくのはかなり難しい。。。ワタクシもまだまだ試行錯誤中ではあるのですが、この辺を体験を交えてお話させていただきました。

起業という形になる、ならないは別として、何か一歩を踏み出してみるということには大きなエネルギーが必要です。端から見て「なにそれ?」なことであったとしても、それはかなり大きいことだと思います。今まで起業塾やビジネスプランコンペ、レンタルデスクで多くの起業志望者(?)と接する機会がありましたが、この「一歩」に至れない人が大半なのですよ...catface

ということで、まずは受講生のみなさんが最初の一歩を踏み出せることを応援しております。やってみて損はありません。がんばってください!

2013年8月22日 (木)

9月のワークショップ開催決定!

秋以降どうしようかなあと思案中だった弊社のワークショップですが、9月末に開催できる運びとなりました。諸々のリクエストや応援をくださった皆様、ありがとうございます!

9月の開催日は29日(日)です。

午前中は、手しごと雑貨さんとの共催で手作りアクセサリー展、午後は「引き寄せるワタシになる!」、夕方は「ミライをつくるワタシになる!」です。

この「引き寄せるワタシになる!」は、9月が初開催となるワークショップです。アートを使って「なりたい自分」をイメージすることで、望む物事を引き寄せちゃおうというコンセプト。これ、かなり効果ありますcatface

私事で恐縮ですが、こういう仕事をしているので、今までいろいろなアート系のワークショップを体験させてもらっています。その度に、欲しいモノだったり、行きたい場所だったり、やりたいコトだったりをビジュアル化したり言葉にしたりしているのですが、ここで何らかの形にすることで、実現への距離が縮まっているような気がしてます。

来月マラソンに行くのだって、確かに前から興味と関心はありましたが、たぶんイメージをコラージュという形にして日々目につくところに置き、さらに言葉に出していたおかげで、一歩踏み出せたと思います。たぶん、それをしていなかったら今年は挑戦していないんじゃないかな。。。catface

そういうわけで、何かもやもやしたものを感じていたり、先行き不透明感に苛まれたりしている人には特におすすめです。だからといって構えて参加するようなものでもないので、お気軽にどうぞhappy01

2013年8月20日 (火)

寿司屋のガリ

お寿司屋さんで一番好きなものは、と聞かれたら、迷わずに出る答えがガリcoldsweats01

廻るお店やチェーン店では、スーパーで買ったお寿司のパックに入っているガリと大差ないものが出てきますが、個人店に行くとそのお店お店で違った味のガリが出てくるのが、実は楽しみだったりします。

そんなわけで、ガリを出されると真っ先に食べてしまうのですが、それをめざとく見つけて「おかわりできますよ」と言ってくれるお寿司屋さんが好きheart

そんなガリが自宅で簡単に作れる事がわかったので、ちょうど新ショウガが出回った7月に作ってみました。

作り方は簡単♪

まず、新ショウガを薄くスライスして水にさらします。辛さを残したくない場合や、柔らかくしたい場合は、軽く茹でます。今回は水にさらした後にさっと茹でましたが、それでも出来上がりはかなり辛さが残りました。ここら辺の調整は来年の課題かな、と。

次は、別途用意しておいた甘酢に漬け込むだけ。それでおしまい。

甘酢の配合は、酢と甘み(砂糖とか味醂とか)と塩の加減を味見しながら好みで調整すればよろしいかと。

初めて作るものなので、ネットで見つけたレシピに忠実に作ったところ、甘み少なくさっぱり系になりましたhappy01

Gari

日々一切れ二切れと消費中ですが、一瓶分作ったのでしばらく楽しめそhappy01 今年は例年より夏バテの度合いが低いような気がしているのは、もしかして、毎日のガリのおかげ...!?!


2013年8月15日 (木)

テーマデザイン決定!

先日予備選考に出席させてもらった今年のSOHOフェスタのテーマデザインですが、大賞が決定しました!

予備選考の時や、最終選考会の準備をしている時に、関係者で「これかなあ」と予想していたものとは異なる作品が選ばれて、かなりびっくりcoldsweats02

確かに今までのテーマデザインとはちょっと違うテイストなので、おもしろいかも!?!

どんな作品が選ばれたのかはこちらのサイトをご覧ください。

さて、今年のフェスタはどんなイベントになるかな〜catface

2013年8月14日 (水)

終戦のエンペラー

8月に見るべき映画とも言える映画でしたcatface

史実に基づいたフィクションではあるけれど、史実の部分が真摯に描かれているように思えました。少なくとも、多くのハリウッド映画に見られる単純な勧善懲悪になっていない点や、理解しがたい(であろう)日本人の価値観をアメリカ人にも理解できるように強引にアメリカナイズしていない点では。

印象に残ったのは、開戦前に昭和天皇が主要な大臣の前で意思表示をしたと側近が語るシーン。なんと意思表示の手段が和歌の朗詠なのですよ。

なんと奥ゆかしい意思表示であることか。

そしてなんともハイコンテキストな文化であることか。。。

戦争を扱った作品は、視点によって見る人にいろいろな思いを抱かせますが、この映画からは、一人の日本人として国のありようを考えさせられました。見てよかったです。

そうそう、マッカーサー役はトミー・リー・ジョーンズなのですが、最初に画面に登場した時、思わず宇宙人ジョーンズのCMかと思ってしまいましたよ...coldsweats01

2013年8月13日 (火)

べこの乳アイス牧場

青森の後、NHK大河ドラマ「八重の桜」で盛り上がる福島県某所へ。ここは、なにぶんにも出身地なもので、鶴ヶ城も飯盛山も学校遠足その他で何度も訪れています。ということで、今回はパスして、かわりに「べこの乳アイス牧場」に行きました。

ダブルを注文したらこんなボリューム!

Beko_ice1

東京でこのボリュームだったら700円から800円くらいしまっせgawk こちらでのお値段はその半分ほど。

数年前に日テレ系の番組で、こちらのヨーグルト「会津の雪」が取り上げられました。それ以降、東京でも一部高級スーパーや百貨店で「会津の雪」や「べこの乳」(牛乳)の扱いが増えたみたい。商品を目にしたことがある人も結構いるのでは??? あわせて、この女の子のマークも。

Beko_ice2

アイスのフレーバーは、コーヒー牛乳とクルミ。牛乳の風味が豊かでおいしかったですhappy01

2013年8月12日 (月)

8月のお題

8月のお習字のお題は「雨後来更」。何かの漢詩の一部なのか、それとも碑文か何かから取られたものなのかは不明です。

楷書の場合は表示される通りの字体ですが、行書になると「更」がちょっと違う字体になります。簡略化されるのではなく、より複雑になっていて、なんとも不思議〜catface

この四文字の中では、「雨」の字のバランスと、「後」の糸の上部分で苦戦中。さ、練習しよっと。

2013年8月10日 (土)

奥入瀬渓流

みちのく遠征の本来の目的地はこっち。

Oirase1

途中の看板でキリストの墓を見つけて、つい足を運んでしまいましたが、もともと行こうと思っていたのは奥入瀬渓流です。

あいにく東北地方が梅雨明け前の悪天候の時期だったため、せっかくの清流が濁流の激流。それでも緑鮮やかで清々しく、心身ともに浄化されるようでした。

今回は徒歩で渓流沿いを歩き、十和田湖に向かいました。途中、流れのすぐ横を歩いたり、岩があったり、滝があったり。

Oirase2

Oirase3

Oirase4

こんな感じのところを9km近く歩いて、大きな滝を越えるとようやく十和田湖。

さ、視界が開けて湖が眼前に広がるはず、、、でしたが、霧と雨で視界真っ白。何も見えませんcoldsweats02

折悪しく、雨も激しくなってきたので、退避を兼ねて遊覧船に乗りました。体力回復目的だったため、何も期待せずにいたのですが、湖に出るにつれて霧が晴れ、光が射し、すばらしい景色を堪能することができました。ラッキーhappy01 気温低めで涼しかったのもよかったです。むしろ湖上は寒いくらい。

ほぼ平坦な道だから9kmを徒歩で往復してもいけるやろ、と高をくくっていましたが、自然の状態の道を歩くのはかなり大変で、片道で体力終了...gawk 帰りはバスで戻りました。車中、疲れのあまり爆睡だったことは言うまでもないcoldsweats01


2013年8月 8日 (木)

ワークライフバランスと生産性を考える

ワタクシが初めて生産性という概念を耳にしたのは、イギリスに留学していた時でした。その時の担当教授が「生産性」という観点から研究職の仕事を語ったのは衝撃でした。それまで日本で教育を受けていたもので、つい

休むことなく、ひたすらがんばれ。そうすれば、がんばっただけ成果があがる

というマインドセットになっていたのですgawk しかもバブル期で「24時間戦えますか」というCMが流れていた頃だし、周りの大人達は高度経済成長を体験し「働けば働いただけ成果が出る」「休むことは怠惰の証」にように語っていました。

しかし、担当教授は

毎日朝から晩まで論文を書いていても、成果は上がらない
(むしろそんなことをしたら心身を病んで生産性はゼロになる)

という考えのもと、一日2回のお茶の時間はしっかり取るし、夕方は5時には業務終了だし、土日はオフだし、夏と冬にはまとまった休みを取ってました。なんかトータルの労働時間は短いのでは...というワタクシの問いには「成果とは量ではなくて質」という答えを返してくださいました。

あれから20年、日本社会でもあちこちで生産性という言葉を聞かれるようになりましたが、まだ質よりも量に重きが置かれる発言であったり、あるいはそもそも生産性を全く考えない労働であったりと、社会の隅々まで浸透しているとは言えないような気がしています。

何故そんなことを考えているのかというと、昨日、ワークライフバランスセミナーに出席し、改めて生産性について考えたから。

ワークライフバランスと聞くと、つい「残業しないこと」のように矮小化されて受け止められたり、「働きたくない奴のたわごと」と嫌悪を示されたりすることがあります。嫌悪感を示すのは、一定年齢以上の経営層が多かったりしますcoldsweats01

ワークライフバランスは、内閣府のホームページによると、このように定義されています。

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

決して「残業がない」だけでもないし、「たわごと」でもありません。

ここに含まれる「人生の各段階に応じて多様な行き方が選択・実現できる」というところがポイントで、そこに企業としてどういう仕組みを作って多様な働き方をサポートしていくかという要諦があります。昨日のセミナーはその辺りの実例を交えてのお話でしたので、大変勉強になりました。

セミナーを聞きながら、そうなると生産性という概念が必要になってくるなあ、と改めて考えました。労働時間を減らしても今まで通りの、あるいは今まで以上の成果を出すためには生産性そのものを定義しなおし、更には生産性を上げるための仕組みを作ったりしなければいけないのかと。。。catface

たとえば、会社としての取り組みの第一段階として、「夕方に招集される(=残業必至)不要不急の会議を見直す」という例があります。どこの職場にもありますよね? ワタクシの以前の職場にもありましたcoldsweats01

それだけではなく、なんと、会議に参加する人を決めるための会議があるとか、参加する人が決まったら席次を決めるための会議があるとか、会議の名札作成で1日が費やされるとか、更に上をゆく実例があることを知り、驚愕しました。そんなほとんど価値を生み出さない労働をさせても従業員に給料が支払えるなんてリッチな会社heart  うらやましい。じゃなくて、そんなことをしてるから国際競争力や生産性が落ちちゃうんだってばcoldsweats02

民間の会社だったらまだしも、これが役所関係(外郭団体含む)だったら、どうでしょね? 原資が税金となったらちょっと納得いかないと思う人は多いはず。

まあ、それはさておき、今回のセミナーは、いつもお世話になっている株式会社エフコネクトさんの主催でした。セミナーは「ワークライフバランスの真実 -- 15年後に勝ち残れる企業の秘策」というタイトルで、一般向けというよりは、経営者が対象となっています。

まあ、ワタクシなぞは経営者とはとても呼べないレベルですし、15年後に自社が残っているかどうかという以前に自分が生きているかも分からないですし、とてもとても参加なんて畏れ多い...と思って遠慮していたのです。が、清水社長からのお誘いで、いざお話を伺ってみると色々と参考になることが多く、勉強になりました。参加してよかったですhappy01

次回は9月3日に開催されるそうなので、ご興味のある方は株式会社エフコネクトさんにお問い合わせくださいね〜 経営者じゃなくても、自営業やフリーランスの人でも参考になるかと。

2013年8月 7日 (水)

キリストの墓!?!

イエス・キリストが活動していたのは、紀元前後のイスラエル、パレスチナ周辺であるはずなのに、そのお墓は何故か日本に!?!

そんなトンデモ観光迷所が青森県の山あいにありますcoldsweats02

先日みちのく遠征に出ていたのですが、ふと見た青森県の観光マップに「キリストの墓」と堂々と掲載されているではありませんか! それを目にしたら、行くしかないでしょう。特に、昔「ムー」とか読んでる子供だった人は、もう、何を措いても行かないとcoldsweats02

お墓の由来はネットを調べるといろいろ出てくるので別途見ていただくとして、思いのほか立派な施設だったことに驚きました。ちゃんと整備された駐車場があるし、駐車場からお墓までの道も舗装されているし、立派な伝承館まである。村を挙げての観光誘致なのか、それとも篤志家の趣味なのか。。。catface

さらに驚いたのは、イスラエル大使館なのか大使館関係者の個人なのか、そこから何らかの協力があったらしく、お墓の横の立派な石碑に日本語とヘブライ語で文字が刻まれています。どう見てもトンデモ施設なのに何故???

ちなみにこれがキリストのお墓。

Haka1

菊の花が手向けてあったり、お賽銭のように小銭が供えられていたり、なんだかとってもニッポンな感じ。

そして伝承館の入り口には、こんな撮影用のパネルが!

Haka2

この衣装は日本風なのか古代ヘブライ風なのかモダンファッションなのか、うーん、なんとも。。。

あいにく伝承館は閉館間際だったため内部の見学はできませんでしたが、入り口に、キリストの墓をお題にした短歌が飾られていました。それもなんとも和の風情が漂っていることよ。。。

あと何故かピラミッドもあります。

Haka3

なんとも謎の多い施設ですcoldsweats01

それにしても途中の道路に「青森空港 何キロ」というのと同じレベルで「キリストの墓 何キロ」という青い表示が出ていて驚きました。そこまで認知された施設なんだ。。。

そして日本にこんな場所があることを知ってもどこの国からも抗議の来ないところを見ると、関連諸国はまるで本気にしてないってことですね。たとえ1%でも本物の可能性のあるお墓だったら、きっともっと大変なことになっているはずgawk

ちなみに、駐車場のポスターによると、慰霊祭が執り行われて、そこでナニャドラヤ踊りなるものが奉納されるようです。なんか楽しそう。

信憑性はともかくとして、トンデモ好きな人は間違いなく楽しめる場所です。不便な場所にありますが、機会があれば是非どうぞcoldsweats01

2013年8月 6日 (火)

今年も夏期短塾

今年も8月に三鷹身の丈起業塾夏期短塾が開催されることとなりました。

夏期短塾は、通常のベンチャーカレッジ(三鷹身の丈起業塾)のエッセンスだけを抜き出した短縮版であると同時に、起業ってもんに少しだけ興味と関心がある(けど自分が起業するかどうかは別の話)という人に、さわりだけちょろっと知ってもらおうという講座でもあります。参加のハードルはまったく高くないので、ご興味あればお気軽にどうぞhappy01 内容の詳細は三鷹ネットワーク大学のHPでご覧いただけます。

そして今回も、起業の実際というテーマでお話をさせていただくことになりました。

昨年の夏期短塾では話す内容と受講者のニーズが些かミスマッチだったようなので、春期短塾では内容を変えてみました。割と好感触だったので今回も内容変更バージョンでお話させてもらうつもりです。

どんな人が受講して、どんな質問が出てくるのか、今から楽しみhappy01

さ、これから内容改訂とか、スライドのデザイン変更とか、色々準備しなくちゃ!

2013年8月 4日 (日)

ひつじカレー

コストコで羊肉を1キロ購入!!! 

とてもお買い得でしたhappy01

さずがに1キロ全部を一気に使うことはできないので、小分けにして冷凍し、その一部を使ってカレーを作りました。参考にしたのは某dancyuレシピ。残念ながらWebには掲載されてないんだけど。

Hitsuji_curry

今回初めて作ってみたレシピですが、香菜とおろしにんにくの強い風味で羊肉の臭みを制するという、毒をもって毒を制する手法coldsweats01 熱を通しても香菜の風味はかなり残っていて、なんともタイ風。好きな人には堪らないけど、苦手な人は耐えられないだろうなあ。。。

具材は、羊肉とタマネギとトマトのみ。味は、羊肉をつけこんだヨーグルトと、具材として入るトマトのおかげでかなり酸味強し。温め直すと酸味が弱まってまろやかになるけれど、気になるようだったらココナツミルクをちょっと入れると、まろやかになりそう。ますますタイカレーっぽくなりそうだけど。

作ってみての発見は、香菜は加熱してもその風味を強く残すということ。今までは生のまま葉っぱを食べる事が多いハーブでしたが、加熱をしても意外におもしろいことがわかったので、これから加熱料理に使ってみたいと思います。ちょっとまた研究しよう。。。catface

2013年8月 3日 (土)

SOHOフェスタテーマデザイン予備選考

今年も11月に SOHOフェスタ in Mitaka が開催されます。

開催はまだまだ先ですが、テーマデザイン募集の締め切りが過ぎたので、来月のちゃんとした選考会の前に、まずはスタッフ側で予備選考をすることとなり、その選考会に行ってきました。

こんな東京の西の方の街で行われる展示会のテーマデザインなんて誰も応募してこないんじゃないの、と思っていましたが、意外や意外、結構な数の作品が応募されてます。しかも全国から。驚きですcoldsweats02 みんな、一体どこで募集を見つけるんだろう???

それでも、今年はテーマからイメージを起こしにくかったせいか、例年に比べて応募が少ないそうです。ふーん。

どんな作品が予選を通過したのかはヒミツですが、本選考に向けてそれなりの数を選んで終了! 絵としておもしろいとか、デザインが洗練されているとか、そういうポイントの他に、ポスターや葉書や Webサイトなどに転用しやすいか、画像や素材として加工しやすいか、などの視点からも見ていきます。

なるほど。。。勉強になりますcatface

結果発表は8月12日頃になるみたい。ちょっと楽しみwink

それと、出展者募集も始まりました。

東京ビックサイトなどの大展示場で行われる展示会より、ゼロが一つ二つ少ない経費で出展できるところがポイントですwink ローカルアピールではありますが、地元ケーブルテレビ局の取材は入るし、横のつながりはできるしで、なかなか楽しいです。何か自分でマイクロビジネスを始めようと思っている人にはおススメですhappy01 弊社もスタッフとしてお手伝いさせていただくことに加えて、展示も出す予定です。

当日都合のつく人は遊びに来てね!

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »