« SOHOフェスタ終了! | トップページ | クロワッサンで朝食を »

2013年11月11日 (月)

ワードの便利機能

自営業をしていると、紙の作り物(チラシとかハガキとか)を作る機会が多々あります。ついこの間も、SOHOフェスタに向けて、ちょっとした貼りものとか配りものとかを作ってました。

起業してまだ日が浅い頃は、デザイナーにレイアウトやデザインを、印刷会社に印刷を依頼することが多かったのですが、最近は自作する割合が増えてます。経費節減という意識もあるけれど、自作の方が時間と改変の自由度が高いからというのが、その主たる理由catface

で、その際に活用しているのが、Mac版のWordに搭載されているデザインレイアウト表示という機能なんです。

この機能、自分で開発に携わっておきながらすっかり忘れておりました。。。ある日、必要に迫られて、とあるテンプレートをダウンロードした時に、ようやく思い出したという次第coldsweats01 で、使いこんでみたら、なかなか良いので、今じゃ諸々の作り物に活用させてもらってます。

Wordを使っている人だとお気づきと思いますが、普通にWordを使うと画像の位置調整とか、細かいレイアウト作業ができなくて、イライラすることがありますよね? 

そんな人のために作り出されたのが、このデザインレイアウト表示という機能なんです(という説明を製品開発にあたって聞いた記憶があるcoldsweats01)。

Wordを起動して、表示メニューで「デザインレイアウト」を選ぶと画面が変わります。この画面だと、文字はテキストボックスに入る指定になっているので、好きな場所に配置できる上に、位置調整が通常よりも細かく設定できるのです。まあ、アドビのプロフェッショナル仕様の製品と比べてしまうとそこそこでしかありませんが、かなり高価なアドビ製品を買わずにどうにかできるところがポイントかと。

そういうわけで、この機能を使うようになってから、作りものが楽しくなりました。実は、SOHOフェスタの時の卓上の飾りや、チラシ、パンフレットの類いもすべてこれで作りましたhappy01 これがそのサンプルで、SOHOフェスタに向けて用意した名刺大のカードです。かなり小さいフォントを使い、テキストボックスが密集したレイアウトになってます。これをA4の紙に印刷して、あとは切るだけ。

ワードの画面

ちなみに、印刷する紙を変えるだけで出来映えが大きく変わってくるところもポイントです。

もしMacを使っていて、Officeも使っていて、チラシとか何かちょっとしたものを作る必要がある人だったら、試してみる価値はあるかもよ? あ、ちなみにWindows版のWordには、この機能は入っていないのでお間違えなくwink


« SOHOフェスタ終了! | トップページ | クロワッサンで朝食を »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/58555622

この記事へのトラックバック一覧です: ワードの便利機能:

« SOHOフェスタ終了! | トップページ | クロワッサンで朝食を »