« 金柑酒再び | トップページ | 4月のお題 »

2014年4月 9日 (水)

東京難民

2月に映画が公開されていましたが、ちょうど忙しい時期だったので見逃してしまいました。で、偶然目にした原作の方を読んだのですが、とても考えさせられました。。。読んでよかったです。

物語は、一人の大学生の学費未納から始まります。大学を除籍になり、家賃未納で住んでいたマンションを追い出され、紆余曲折を経てホームレスになってしまいます。

その過程の描かれ方がとてもリアルcoldsweats02

通常、学業成績不良の場合は、何度も改善を促されてそれでも駄目だとなったら退学や除籍となりますが、学費未納は即除籍なんだ。。。まあ大学も一種のビジネスだからしょうがない側面もあるんだけど、それってなんとも世知辛い。

住んでいたマンションは、いわゆる家具付きで礼金敷金なしの物件なのですが、ああいった物件は実は賃貸契約ではなく、借りている側の立場が弱い契約になっていて、少しでも家賃が滞るとすぐに追い出されてしまうことがあると聞いています。だらしない人や、収入不安定な人が住む場所としては、メリットもあるけれど、かなりリスクが高いのではないかと。。。

で、そういうところのリアルさもさることながら、主人公があまり賢くないというその賢くなさぶりも、またリアルcoldsweats01

家賃が払えないことを管理会社に正直に伝えて打開策を練るのではなく、有り金をパチンコにつぎ込んであとは知らんぷりとか、ちょっと周りの人から何かを言われるとすぐに酒に逃げたりとか、感情に流されて適切な判断や対応ができなかったりとか、読んでいて「コイツ、アホやのう」と思える箇所多数coldsweats01

でも、今のワタクシは、この主人公の2倍以上の年齢になり、それなりの社会経験と感情抑制と法律知識を身につけているのでそう思えるけれど、20代の頃だったらどうなんだろう???

たぶん、いつそういう状況に陥っても不思議はなかったろうなと思います。なんとか生きてこれたのは、周りの大人たちのサポートだったり、時代や環境がよかったことによるところが大きかったのではないかと。。。改めて、家族、先生、先輩、友人たちに感謝!

そしてふと、近年いろいろな場所で知り合った、比較的若い人たちを思い浮かべると、なんだか心配になってしまうことも。。。確かにこの主人公はかなりのダメダメくんなのですが、それでも格別に群を抜いてダメだというわけではなく、むしろ世の中のマジョリティに近い感じ。その辺が怖いです。

こういう物語は、ずっと優秀でまっとうな人グループの中で生きてきた人こそ、読んでみる価値がある小説なのかもよ?

« 金柑酒再び | トップページ | 4月のお題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/59440316

この記事へのトラックバック一覧です: 東京難民:

« 金柑酒再び | トップページ | 4月のお題 »