« てしごと雑貨展のお知らせ | トップページ | ご当地カルピスを醸す »

2014年5月12日 (月)

怪しい草

連休中に東京都薬用植物園なるところに行ってきました。

ここがさりげなくおもしろい!

木や花や草など、いろいろな種類の植物が少しずつ植えられていて見ていて楽しい。薬用植物ということは、漢方の原料だったり果物だったりするので、馴染みがあるところも良し。しかも、それぞれの植物の近くに名前や特徴が記してあるので、勉強にもなります。

さらには、連休であっても人出がそこそこで静かに過ごせるところもポイト高し。ただし、鑑賞のための庭園や花壇ではないので、美しさを求める人は別の場所に行った方が楽しめるかもね。

園内を見て回っていると、異様な一画が!!!

柵で囲われている上に、監視カメラが随所に設置され、柵の間から手を伸ばして植物を採取したり、柵の中に入ったりできないようになってます。そして柵の前に説明のボードがいくつも配置されていて、それを読むと...

なんとこの一画は「大きなアサ」や「違法なポピー」を栽培するエリア」wobbly

どちらも言うまでもなく栽培が違法となっている植物です。あいにく大きなアサは育っていなかったのですが、違法なポピーは青々と茂っておりました。


説明によると、違法なポピーにも種類があって、「海外では観賞用として種が売られているけれど日本では栽培禁止の品種」と、「某目的のためのポピーで明らかに栽培禁止の品種」があります。前者は観賞用だけあって可憐な花が咲いていますが、後者は見るからに怪しい。葉っぱや茎の感じから、どうみても庭に植える類の植物ではないと思えます。ハーブにしてはごつすぎて、観賞するにはどうにも色気がない。万が一、鳥が種を運んできて庭に生えてきたら、ためらいなく雑草と思って抜いてしまう、そういう外見ですcoldsweats01

これがそれ。

Poppy

たまにニュースになる、「どこそこのアパートで特定目的のために某ポピーを栽培していた」という事件。

見るからに観賞用じゃない草を大量にアパートの一室で育てていたら、どう見ても言い逃れはできないよね、ということを妙に納得しました。庭の雑草の中に1本生えていたら気付かないかもしれないし、違和感もないかもしれないけれど、何本も群生している時点で相当怪しい。そして屋内で栽培していることがわかった時点で完全にアウトcoldsweats01

いろいろ勉強になって考えさせられることも多い有意義な植物園でした。都心からはちょっと遠いんだけど、機会があったら是非!

« てしごと雑貨展のお知らせ | トップページ | ご当地カルピスを醸す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/59631732

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい草:

« てしごと雑貨展のお知らせ | トップページ | ご当地カルピスを醸す »