« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

満席御礼

7月6日(日)に開催予定のワークショップ「引き寄せるワタシになる」は、満席となりました。早々にお申し込みいただいた皆様に感謝です! 当日会場にてお目にかかれることを楽しみにしております。どうぞお気をつけていらしてくださいませ。

このワークショップでやることは、一言で言ってしまうと、今の自分の状態を把握して、ありたい自分のイメージを描くという、ただそれだけcoldsweats02

現状を把握せず、ありたい自分の姿なくして日々を送るのは、目標のないダイエットみたいなもの。それじゃあ永遠に成功しませんってcoldsweats01

それでも、日々の生活の中で敢えて時間をとって自分と向き合ったり、ありたい姿をイメージしたりすることは難しい。。。

なので、主催者としては、自分と向き合う時間と、ほんのちょっとの外的な助けとしてこのワークショップを活用してもらえると嬉しいな、と思ってます。

やっていることは、一見、子供騙しみたいなんだけど、効果は確実ですhappy01 少なくともワタクシは、何度も実験台になったりしながら、その効果と必要性を実感してます。昨年、某マラソンに行けたのも、年初にそれをイメージしたことで実現に向けてのプランが動き出したからだろうし。。。

次回は9月後半以降に開催予定なので、日時が確定し次第お知らせしますね。今回、運悪く間に合わなかった皆様、この秋に是非!

2014年6月24日 (火)

Offce: mac 腕時計

15年前、某社で初めてプロジェクトマネージャとして開発に携わった製品が Offce: mac 2001。

初めての大きなプロジェクトで自分自身が右も左もわからなかったところに、新設部署での仕事だったため前任者もノウハウもなく、とてもしんどいプロジェクトでした。ストレスのあまり、プロジェクトの途中で突発性難聴に罹ったことも、激務のあまり同僚がバタバタと倒れていったことも、今となっては懐かしい思い出です。

・・・でも、今、この年齢で同じことをやれと言われたら、たぶん辞退するなーgawk 命を落としてしまいそうだしcoldsweats01

近年ではもうなくなってしまったんだけど、当時は、プロジェクト終了後に派手な慰労会があったり、記念品が配られたりしてました。わずか十数年前なのに、すっかり古き良き時代となってしまった感じ...catface

で、当時のプロジェクト終了後に配られたのがこの時計。

Office2001

知ってる人は懐かしいでしょ? 恥ずかしながら十数年間すっかり忘れていました。

この度、ひょんなところから出てきたので、日常用に使うことにしました。隣に移っているオレンジ色のケースは、メガネ入れにちょうどよい大きさだったので、メガネケースとして使いますhappy01

ちなみに一緒にバスタオルも出てきましたよー(これも知ってる人は知っている、例のあれですcoldsweats01


2014年6月19日 (木)

ひかり電話

先週ひそかに会社電話番号を変えました。

既に会社ホームページ掲載の電話番号は新しい番号になっているので、今後お電話でご連絡をいただく際は、新番号をご利用くださいませ。

どう変えたのかというと、今まではケーブルテレビの回線を使って電話とネットに接続していたものを、フレッツ光に変えて、ついでにひかり電話を導入しました。

番号一つで使う場合は少しお安くなる程度ですが、電話とFAXなどで二つの以上の番号を使う場合はかなりオトクhappy01 ふふ、これで固定費削減~♪

それにしても、いまどきFAXなんて使わんでしょ、とおっしゃる方もいるかと思いますが、これが意外に使うのですよ。。。coldsweats01

役所系への書類提出が何故かFAX(もしくは持参!)だったり、同じく役所系からの諸々の案内がFAXで届いたり、使用頻度は低いといえど、ゼロにはできないのです。

メール添付を活用すればいいのに、と思うんだけど、紙にハンコをつくことが大事だったりするので、今後何か画期的なオンラインハンコの仕組みが普及するまでFAXはなくならんかも。。。gawk

それはさておき、今回の諸々の手続きはかなり大変でした。

回線にもいろいろ種類があってどれになるのかぱっと見でわからないし、ルーターに無線入れて、複数の電話番号を使って、このオプションをつけてと、色々設定しようとすると、フレッツのサイトで見積もりを出してみてもイマイチそれが正しいのかどうかわからない。一見いろいろなキャンペーンがついているように見えるんだけど、自分のケースに適用されるのがどれになるのかもよくわからない。電話で聞いてみても、口頭で個別の数字を説明されてもやっぱりよくわからなくて、結局見積書にまとめた書面を送ってもらいました。

で、その際、最も驚いたのが、書面の送付元(つまり問い合わせの電話がつながった先)が島根県松江市だったこと。。。

武蔵野からフリーダイヤルで電話して繋がった先が島根とは。。。coldsweats02

まあ、都会の真中にコールセンターを置くよりも、地方に置いた方が家賃や人件費が低いだろうから理にはかなっているわね。地方での雇用創設につながるという利点もあるし。

でも電話をする側としてはちょっとびっくりcoldsweats01

むかーしむかし、初めて引越しをした時には、近所の電話局のカウンターで諸々の手続きをしたっけ。。。そのうち、電話のつながる先が中国某所や東南アジア某所になっている日が来るかもね!?!

2014年6月10日 (火)

6月のお題

6月から新しい漢詩に入りました。今回は、陶淵明の「諸人と共に周家の墓の柏の下に遊ぶ」という詩です。

漢詩

で、6月のお題は冒頭の4文字「今日天気」です。すべてが小学校低学年で習う漢字! 「今日」に「天気」と意味も通るから、思わず脱力...coldsweats01

しかし、こういう簡単な字だからこそ、難しい。

バランスを取りつつ、それでも個性を出しながら書くのは、上手な人であればあるほど難しいそうです(先生談)。反対に初心者の人は、上手に書けないが故に味のある字になるとか(ヘタウマってこと!?!)

今回も楷書は小学生の習字のお稽古状態ですが、行書はよい感じです。どうしてこうも出来映えが違うのか自分でも不思議〜catface

2014年6月 6日 (金)

WOOD JOB

予告編とTV CM が気になって見に行った映画なんですが、なんかこう、薄い作品でしたgawk

都会と田舎の対比を打ち出しつつ、林業に取り組むことになった若者の成長を追うという物語は、それ自体悪くはないんだけど、いろいろなエピソードをさらっとなぞっただけなので「ふうん」で終わってしまった。。。一年ちょっとの間の話なんだけど、もう少し期間を絞って、内容を取捨選択して濃密にした方がよかったのかもね。

更には、文科省や農水省というヒモがついているからなのか、なんかこう総花的かつ毒気が抜かれた感じで、悪くはないけど、心揺さぶられるところもない。これってある意味、フィクションとしてはかなり痛いgawk 笑えるところも所々にあるんだけど、どれも薄くて「爆笑」とまではいかないなあ。。。

でも、山々の美しさは画面から伝わってきたし、林業という仕事の壮大さもよくわかりました。

これついては、反省すべき点があります...

ワタクシ、IT業界が長かったもので、何かを考えたり計画したりする際の時間単位が非常に短いcoldsweats01

これ、ドッグイヤーの業界にいた人ならわかるでしょ?

さすがに秒速とまではいきませんが、基本は分の単位。1時間で60分、3600秒なので、つい秒単位分単位で色々な物事を詰め込んで、その挙げ句、すぐに燃え尽きてしまうcoldsweats01 そして近年、年のせいか、燃え尽きるタイミングが早いcoldsweats01

そうなると、1年という単位であっても遠い未来のように感じます。実際、以前の勤務先では、3ヶ月単位で組織も仕事も人員もガラガラと変わっていくので、1年前と比べると白だったものが黒く変わるほどの変化だったことも多数coldsweats02

1年でそうなんだから、3年とか5年とか10年とか、もう想像すら無理〜gawk そうなると目先のことばかりに目が行ってしまって、大きな単位でゆったり物事を捉えることができにくくなってしまう!

ですが林業というのは、10年100年単位の仕事なんですねー。確かに木が大木になるまでには長い時間がかかります。自分の次の次の世代にまで仕事や資産をつなげていくという発想は、IT業界にあっては、ほとんどお目にかかることがないので新鮮でした。

フィクションとしてもエンターテインメントとしてもイマイチだったけれど、別の時間軸を知ることができたという点は収穫でした。

あとは、100年後に利益がでる(かもしれない)資産(というか樹木なので自然物?)をBS上でどう扱うのかが気になる〜catface ついBSとかPLで考えるようになってしまったのは職業病かしら???

2014年6月 5日 (木)

再び中小企業庁からアンケートが...

消費税が8%になって早2ヶ月。

再び中小企業庁からアンケートが届きました。

中小企業庁アンケート

今度のは強烈ですcoldsweats02

「消費税の転嫁拒否等に関する調査」として、「問題のある取引先業者」の情報を提供するように求められています。下請けいじめをしている会社とその担当者を名指しで告発せい、とまあそういうことでんなgawk

中小企業庁アンケート2

幸いにも弊社は該当するケースがなかったので回答不要でしたcoldsweats01

しかし、こういうアンケートを行うということは、世の中には取引先に増税分の値引きを強要するような企業、そして強く出ることができない下請け中小企業が少なからずあるんでしょうね。。。なんともはや。

ちなみに弊社の周りは、直接消費者とやり取りする事業者が多いので、ほとんどのところが増税分を価格に上乗せしています。なので増税分が持ち出しになることはないのですが、消費の冷え込みは避けがたく、4月半ば頃は、あちこちから悲鳴のようなため息が聞こえてきましたよ・・・ 

もしこれが10%になってしまったらどうなってしまうのか・・・ 考えるだに恐ろしい。。。shock

2014年6月 2日 (月)

西小山ミステリーツアー

この間、西小山ミステリーツアーに参加してきました。

そもそも西小山がどこにあるかもわからなかったワタクシcoldsweats01 中央線沿線から東京の南西部には出かけにくいということもあって、東急目黒線に乗ったのも今までの人生で数えるほどかと。。。coldsweats02

このツアーは、西小山の商店街振興を目的としたイベントなのですが、謎解きという形にすることで違和感なく商店街全体を回遊させることができる仕掛けになっています。ふらふら歩いていると、つい目にとまったお店に立ち寄ったり、立ち寄ったついでに物を買ったり飲食したりして、結果として商店街全体の認知向上や売上アップにつながります。

ワタクシも実際、途中にあったお菓子屋さんで焼き菓子を買ったり、近隣でランチを食べたりしたしね。

実は、西小山の隣には武蔵小山という駅があって、ここには規模が大きい商店街があるのです。帰りにこの商店街にも行ってみたのですが、ここでは西小山ミステリーツアーのようなイベントを開催するのは、かなり大変だろうなあ。。。ステークホルダー多すぎだし、そんなことをしなくても近隣からお客さんが集まって来ているからそもそもイベントの必要ないし。

西小山は小さいがゆえに行き届いたイベントが開催できるんじゃないかなと思いました。大規模なら大規模なりに、小規模なら小規模なりの生き残り方ってあるよね。。。自分のビジネスにもいかせそう。 

それ以外のこの日の収穫は、ヤングコーンの詰め合わせhappy01

ヤングコーン

ミステリーツアーの途中に抽選ポイントがあって、くじを引いたら八百屋賞をゲット!

こんなにたくさんのヤングコーンをいただいてしまいました。これは嬉しい。早速その日においしくいただきました。

これに気をよくして、来年もまた行こうかなと思案中...catface

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »