« オクラの種 | トップページ | フェスタ準備中... »

2014年10月31日 (金)

猿の惑星:新世紀

前作の「猿の惑星:創世記」がとてもおもしろかったので、大いに期待して今作を観に行きました。期待にたがわず、とてもよい映画でした。

娯楽としても十分おもしろいし、猿の動きのCGも素晴らしい。さらには、人間とは、親子とは、権力とは、リーダーとは、妄執とは等、視点によって色々な見方のできる奥の深い作品でした。特にリーダーたるべきものの資質や振る舞いについては考えさせられました。中途半端なリーダーシップ研修に出るくらいだったら、この映画を見る方が参考になるかもね。

映画は、前作で登場したウィルスが世界中に広まっていく描写から始まるのですが、最近のエボラ出血熱のニュースを見ていると、とてもフィクションとは思えない~shock  さらには、感染症で人数を減らしてしまった人類が、さらに激減する原因となるのが暴動や争いというところが、また何とも皮肉な(そして的確な)人間理解であることよ。。。gawk

続編はあるのかなあ。観てみたいような怖いような。。。catface

1968年のオリジナルも名作と聞いていますが、創世記、新世紀と続くこのシリーズも名作になるかもね。

« オクラの種 | トップページ | フェスタ準備中... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/60573754

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星:新世紀:

« オクラの種 | トップページ | フェスタ準備中... »