« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

東京野菜

体験農場があまりにも楽しく、勉強になり、役に立ったので、農業ボランティア養成講座を受講することにしました。

この講座は、東京都とJAと市町村が組んで行っている事業で、農業に関心のある都民が参加し、講義や視察、農業研修を行ってボランティアとして都市農業のお手伝いができるようになることを目指しています。一定の課程を修了するとちゃんと認定証が出て、さらに長年ボラティアを続けると表彰されたりするそうです。もう何年もの実績のある事業だそうですが、今まではほとんど接点がなく、まったく知りませんでした。

で、この間、東京の農業に関する講義を受けてきました。

これがとっても勉強になりましたーhappy01

まず、東京というのは、23区の中でも特に中心部分が注目されることが多いのですが、その周りには市があり(ここには農地もある)、町や村もあり(ここは主に山林)、島もあります。というわけで、農業生産物も意外に多彩。特産品の一つは、なんとパッションフルーツなんですよーwink 島のほうだけど。

23区の中心部分には農地はありませんが、東の方(荒川区とか)では小松菜を生産し、北の方(練馬区)では大根を栽培しているそうです。東京の農業の特長は、他の大規模生産地に比べて、農薬の使用が相当少ないこと。これは住宅地の中に畑が点在していて、薬剤を使いたくても使えない事情があり、そのための栽培技術を確立したからなんだそうです。なので、研究員のお話によると、東京の野菜は意外に安心安全なのだとか。へー。。。知らなかったよ。。。catface

講義の後に試験農場を見学し、畝によって堆肥の量を変えて栽培したキャベツや、列ごとに剪定方法を変えたナスなどを見せてもらいました。少しの条件の違いで生育状況が大きく異なるとは、農業奥深し。とても勉強になりました。

他におもしろいと思ったのは、経営視点の話が聞けたことです。あたりまえですが、農業で生計を立てようと思ったら、それは家庭菜園の延長とは大きく異なります。作物の単価をいかに高くするかとか、いかに収量を上げるかとか、いかに設備コストを下げるかとか、そういう視点が必要になってきます。ハウス栽培設備のお話の中で、そういう視点からの説明があったのは、大変興味深かったです。

農業というとなんとなく牧歌的なイメージを抱きがちだけど、実際にそれで生計を立てようと思ったら、ガリガリのコスト計算や収支計画を立てなくてはならないわけで、それって企業経営となんら変わらないんだよね。。。catface そう考えると、会社や工場に勤務するよりも、個人に総合力が求められる職業かと思います。肉体労働をしながら頭も働かせなくちゃいけないって、大変な仕事だよね。。。

野菜の話に続いて、果樹の話も聞いてきたのですが、それはまた別の機会に。そこでも「へええ」という驚きがたくさんありました。。。

2015年8月27日 (木)

軽井沢千住博美術館

この間、日帰りで軽井沢へ行ってきました。

軽井沢には何度か行ったことがあるのですが、どれもオフシーズン。まさにオンシーズンの夏休み期間に行くのは今回が初めて。

で、あまりの人の多さに、軽井沢の手前で脱落coldsweats01

ハルニレテラスとか白糸の滝とか、行こうと思っていた場所はいくつかあれど、途中段階の人の多さで断念。さすが全国にその名が轟く避暑地。夏の軽井沢をなめてました。

今回唯一足を運べたのは「軽井沢千住博美術館」。ここは前々から気になっていたので、行けて大満足ですhappy01 それなりに観賞客が入ってはいましたが、美術館自体がゆったりした造りになっているので、まったく気になりません。ふー、息がつける。。。

この美術館は、その名の通り千住博氏の作品ばかりを集めた美術館です。

その千住氏は、滝の絵を主に描いているので、展示されている作品の大半は滝の絵。しかし一つ一つの色合いや構図が微妙に異なっていておもしろい。他には、リビアの砂漠やハワイの河口からテーマを得た作品もあって、これもまた独特でおもしろい。どの作品も、テーマは違えど緻密で静謐で、色数を絞りこんだ作風には引き算の美も感じられます。とてもよかったです。目の保養をしました。

ちなみに、入場券も案内も滝の絵。デザインがシンプルで、センスよし。

軽井沢千住博美術館

そして、作品に負けず劣らず、美術館の建物もお庭も素晴らしい。途中の混雑にめげずに行ってよかったhappy01

さて、他のところは冬に行こうか。。。

2015年8月26日 (水)

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

夏休み映画第二弾happy01

トム・クルーズ主演の「ミッション・インポッシブル」最新作を観てきました。ストーリー云々ではなく、純粋にハラハラドキドキのアクションを楽しむ映画です。おもしろかったけれど、ハラハラドキドキの連続でかなりの緊張を強いられていたようで、終わってから深呼吸とストレッチをしてしまいましたよ。中高年には堪えますcoldsweats01

内容については、冒頭の飛行機に何の意味がとか、何故に水中にデータ保存とか、細かいことは気にしちゃいけない。オペラハウスでの暗殺未遂も、モロッコ山中でのバイクレースも、良く考えると派手すぎて意味不明なんだけど、そこも深く考えちゃいけない。華やかで大がかりで「おおっ」と思わせてくれる舞台があって、そこで肉体一つでアクションをこなすトム・クルーズを観賞する映画ですから。。。coldsweats01

それにしてもトム・クルーズは50代のはずだけど、よくあんなアクションができるなあと驚くばかり。劇中、腕と腹筋の力だけで棒を登って行くシーンがあり、他のアクションからみればたいしたことないレベルなんだけど、それでもワタクシから見ると超人coldsweats02 なんせ、ワタクシ、ぶら下がり健康器ですら10秒しかぶら下がれないレベル。映画を観て、いざという時のために(どんな時かは不明だけど)せめて20秒は持たせられるように鍛えようと思いましたよ。。。

あとは、映画本編とは関係ないけれど、制作に中国企業が絡んでいて驚きました。映画冒頭に何か画面に見慣れた文字が出たなあと思っていたら、それはなんと簡体字。中国のアリババグループがスポンサーになってました。ハリウッドの娯楽大作のスポンサーが中国企業とは。。。20~30年前には想像もつかなかった形で経済のグローバル化が進んでいます。その事実の方が、映画というフィクションより衝撃的。。。coldsweats02

2015年8月20日 (木)

バケモノの子

以前に見た「おおかみこどもの雨と雪」が心に響く良作だったので、細田監督の最新作「バケモノの子」も観に行ってきました。

いやー、明るくて賑やかでおもしろかったです。大人も子供も楽しめる活劇という感じで、夏休み映画にぴったりhappy01  一人の子供の成長物語としても楽しめるけれど、むしろ大人の方が自分が育ってきた過程や現在進行中の子育てに思いを馳せて、思わずじんと来てしまうんじゃないかなあ。

個人的におもしろいと思ったのは、各地のつわものを訪ねて旅に出るくだり。出てくるつわものは誰一人として見た目が強そうではなく、それぞれが語る強さも、腕力や権力ではありません。なかなかに哲学的です。それなのに、作中の大きな出来事になっている試合は、腕力・武術勝負なのですよねー。不思議。

あと、この映画には文化庁から助成金が出ているのですが、だからとは言わないけれど、作中に妙に制度の説明ちっくなところがあります。そこにだけ微妙な違和感を感じました。台詞の中でもうちょっとさらっと流してもよさそうなものですが、助成金を受ける関係上、説明的にならざるを得なかったのかもねー。大人の事情でせうか。。。catface

2015年8月19日 (水)

置き換えダイエット中!?!

情けないことに、冬の間に罹ったウイルス性腸炎に、夏だというのに罹ってしまいました。。。ノロではないのですが、腸炎を起こす別のウイルスが流行しているそうで、それに当たりました。どうせ当たるなら来年の東京マラソンの抽選にしてほしいよ。。。gawk

もう8割9割回復して、ほぼ大丈夫なのですが、ここに至るまでの食事制限が辛かったweep  冬の時と同様に、乳製品、繊維質、脂/油、糖度が高いものは駄目。それに加えて、生野菜や果物も控えるようにとのこと。まあ、確かに冷たいスイカをたくさん食べたらおなかが冷えちゃうよね。

運悪く、スイカを大玉で買ったばかりだし、畑で撮れた大量のトマトやキュウリもあったしで、別の意味で一瞬顔が青くなりましたよ。。。shock

幸いにもすぐに回復し、野菜や果物は食べられるようになったので、諸々が劣化する前に消費できました。良かったー。

しかしまだ乳製品だけは摂取制限中。。。

冬にも実感したのですが、ワタクシの日々の摂取カロリーと摂取脂肪分の少なからぬ割合が乳製品由来かと。ヨーグルトにチーズにアイスクリームに焼き菓子(たっぷりバターね)にデニッシュ系のパンに、と改めて考えると結構食べてますcoldsweats02

ということで、ここをカットすると必然的に摂取脂肪分とカロリーが減り、結果として体重が落ちるのです。今回は、ある程度回復してからは、甘くてくどいものが食べたくなったら黒糖蒸しぱん、牛乳っぽいものが飲みたくなったら豆乳、塩味のプロテイン系が食べたくなったらちくわ、という感じで置き換えていたのですが、それでも体重はちょっと落ちました。

ということは、今回は病のためやむを得ずだったけれど、乳製品の置き換えはもしかしたらダイエットに応用できるのかも???

ワタクシ自身はもう美容目的のダイエットに興味がある年齢は脱却したので、回復し次第、こってりしたハーゲンダッツを連日食べる気満々でおりますが、今後もし医学的見地から体重を落とす必要が生じたら、改めて試してみようと思います。。。そういう日が来ないことを祈りたいcatface

2015年8月18日 (火)

夏の体験農場その7

5月から途中参加した夏の体験農場ですが、早いもので先日最終日を迎えました。

最終日と言っても、特に何か特別なことをするのではなく、いつも通りに収穫して、管理作業をして淡々と終了catface 一部の作物は夏を越えても収穫できるので、苗は抜かずにおいておきます。そういえば、昨年は11月まで茄子や甘とうがらしが穫れたっけ。。。

トウモロコシと枝豆は前回で収穫が終わってしまったので、今回は前々回の量からトウモロコシと枝豆を引いたくらい。それでもかなり沢山ありましたーhappy01 おかげでこの夏は、毎日トマト、きゅうり、茄子をふんだんに食べてます。

前回で収穫を終えて苗を倒したトウモロコシは枯れ枯れになってるし、枝豆を植えていた畝は空っぽになっているしで、ちょっと寂しい感じ。トマトも、一部の茎や葉が枯れてきてそろそろシーズン終了な雰囲気。あと数週間後には、残っている苗を撤去して、秋植え野菜の準備に入るはず。季節は着実に移ろっていきますね。。。

秋冬、春夏と続けて体験農場に参加しましたが、参加してほんとによかったです。作業は楽しかったし、色々勉強になったし、新たに考えさせられることも多かったし、日々新鮮野菜を食べられたしhappy01 こういう講座を設けてくれた地元JAと三鷹市には大感謝です! 聞くところによると、三鷹以外にも多摩地区の自治体で市民向けに体験農場や野菜作り講座を開いているところがあるそうです。確かに農地があちこちにあるからねー(東京なんだけどcoldsweats01)。募集のお知らせは市報や市のホームページに出るそうなので、そのへんをチェックしてみるとよいのかも?

2015年8月17日 (月)

Windowsの再インストール

先週は、弊社はお休みではなかったのですが、周りはお休みの人が多く、ほとんど開店休業状態coldsweats01 で、これ幸いと、前々からやろうと思っていたWindowsの再インストールをしました。

今から4年ほど前、やはり周りが休みで開店休業状態になった年末に、MacにWindowsをインストールしたのです。通常はなんら問題なくMacを使っているんですが、一部 Windowsでないと行えないお仕事があるので、Macのハードディスクの一部を区切ってWindows 7と、Windows上で動く各種ソフトをインストールしています。

この度、Windowsをインストールしたドライブの空き容量が逼迫してしまって、やむを得ずパーティションの切り直しから再インストールとなりました。結構余裕を持たせていたはずだったんだけどなー。しょうがない。そしてとてつもなくめんどうくさいgawk

OSの再インストールという作業は、難易度的にはたいしたことないけれど、時間がかかって、手間もそこそこかかるので、結構めんどうくさいんです。。。しかも再インストール中はそのPCは使えないし。というわけで、作業ができるのは、ある程度まとまった時間が取れて、突発業務が発生しない時。まさに年末年始とか、お盆の時期とか。

今回も、バックアップを取るところからスタートして、BootCamp設定、Windowsインストール、プリンタやネットの設定、各種ソフトのインストールと着々と進めて行きました。その過程で驚いたのが某セキュリティ対策ソフトと、会計ソフトのライセンス認証システムの優秀さ! ユーザー登録はしてあるものの、ここ数年オンラインでのみアップグレードし、さらには複数台へのインストール(もちろんライセンス内ねwink)までしていましたが、まったく支障なくスムーズにできました。

反対にげんなりしてしまったのは、Windowsアップデートgawk

なんと、更新プログラムのダウンロードとインストールに12時間以上かかりましたよ。。。大半は放置しておけばいいんだけど、いつ終わるのかの目処もたたなくて、とても迷惑。定期的にアップデートをまとめてくれたりとか、目安の時間を表示するとか、どうにかできないんだろうか。。。もうさあ、新しいOSを出して稼ぐのはやめて(近年稼げなくなってるし)、以前のOSであっても使い勝手を上げて顧客満足度を高めていく仕組みを考えてもいいんじゃないの、と以前の勤務先に対してぼやいてしまいますよ。。。catface

さて、時間はかかったものの、諸々のインストールが終わって、今は快適に動くようになりました。あとは、数ヶ月後にOSが難癖をつけてくるようなことが発生しないことを祈りたいcoldsweats01


2015年8月 6日 (木)

8月のお題

しばらくブログには書いていませんでしたが、お習字のお稽古は継続しています。なお、継続と上達は同意ではないので、そこは誤解しないようにcoldsweats01

で、8月のお題は、引き続き「宿雲門寺閣」という漢詩から。着々と進んで前半の最後に到達しました。

今回書くのは「幔五湖秋」の4文字。「五」以外は画数が多いし、横幅を取る字ばかりなので、紙にうまく収めることがまず最初の課題かな、とcoldsweats01  こればっかりは、練習するしかないのですよ。

その練習ですが、お習字の練習でもPDCAサイクルを回します。

PDCAというとなんかビジネスっぽいけど、実際はこんな感じで、たいしたことはありません。

Plan>字を見て、お手本を見て、どう書くかをイメージします。
Do>実際に字を書いてみます。
Check>書いたものとお手本を見比べます。
Action>次はここを短めにとか、払いを長くとか、対応すべき課題を見つけます。

これを繰り返して練習していくだけなんだけど、ポイントは、Actionでの課題を1回につき1か所に絞ること。直したい箇所はたくさんあるんだけど、全部に一度に対応するのは(多すぎて)無理。

それでも最初のうちは、欲張って何か所も改良しようとしたんだけど、そんなにたくさん修正箇所を覚えていられないし、注意も分散してしまう。なので、試行錯誤の末に、1枚に1か所と絞ってそこに注力した方がよいという結論に至りました。ちなみに、お仕事でPDCAサイクルを回す時も、アクションは数を絞った方が効果が上がると思うよん。

そうすると、理論的には、PDCAサイクルを何度も回すことで徐々に上達するはずなんだけど、実際はそうはいかないんだよね。。。coldsweats01

まず、こう直したいと思ってもその通りに筆が動かない。そのため、同じPDCAサイクルを何度も回すことになります。

しかも、、、

筆で字を書くのは、かなりの集中力を要します。そうなると、1回のお稽古で描ける限界数があるわけで、必然的にPDCAを回すサイクルにも限界があるgawk

そういうわけで、いまだにド下手ですcoldsweats01  ま、気長にいこう。。。

2015年8月 5日 (水)

今年のブルーベリー

昨年に続き、今年もブルーベリー摘みに出掛けました。

三鷹駅から10分ほど歩くと、おもむろにまとまった農地が出現し、その一画がブルーベリー摘み取り園になっているんです。あれ、三鷹駅は中央線の特別快速が停まるような駅なのに、10分で農地とは一体???

それはさておき、今年は5月から気温が高い日が続いたので、ブルーベリーは例年より早く色づき始めたそうです。開園もいつもより早かったそうですが、あいにく開園日と体験農場の作業日とが重なっていたため、今頃になってしまいました。今頃だと実のつきや色付きは十分なんだけど、作業中は非常に暑いのがちと辛いcoldsweats01

今回はお友達と一緒だったので控えめに摘むつもりが、やはり何かのスイッチが入ってしまって、結局1キロほど摘んでしまいましたcoldsweats01  半分を贈答用に、半分を自家消費用にしたんだけど、ジャムにするほどではなかったので、全部生食用にしました。ヨーグルトに、ブラジルみやげのアサイーパウダーを混ぜて、上にたっぷりの新鮮ブルーベリーをのせて、はちみつをかけて、、、ってこれって、表参道とかだと1人前1000円くらいするんじゃない!?!

今回お邪魔したブルーベリー園では6種類の品種を植えているそうで、確かに木によって、高さや枝ぶりが異なるし、実の味も微妙に違う。小ぶりで酸味が強いもの、大粒で柔らかい味のものなど、いろいろです。実際に自分の目で見て、手で摘んで、味わってみると、いろいろな発見があってとても楽しいhappy01

これは大粒の品種。小粒のものより味は淡いけれど、食べ応えがあっておいしいです。

ブルーベリー

しかし、、、

直射日光の下で作業すること約1時間、あちこち虫に刺されて、全身汗だくになりました。虫対策に、長袖長ズボンに帽子に手袋といういでたちだったのに、服の隙間から手首周辺をさされて、さらには露出していた顔面まで刺されました。一体、どれだけ蚊に好かれているんだろ?

そうは言っていても、きっとジャム用にもう一度摘みに行くんだろうな。。。coldsweats01

2015年8月 4日 (火)

夏の体験農場その6

前回に続き、体験農場の主要作業は収穫happy01

どんどん実をつけるので、どんどん収穫していきます。炎天下の作業はかなりキツいのですが、トマトが赤くなったり、茄子が大きくなってくるのを見ると、思わず顔がほくほくしますhappy01

今までよく分からなかったことなのですが、それぞれの野菜のベストな収穫期間はとても短い。このタイミングを外すと、熟れすぎたり、おいしくなくなったり、これから熟す実への影響があったり、いろいろと難が生じてくるのです。なので、穫れる時にはひたすら穫ります。

今回は、植えてあったトウモロコシと枝豆をすべて穫りきりました。プロ農家の先生によると、次の作業日になると、トウモロコシも大豆も実がすかすかしてきておいしくなくなってしまうんだとか。ド素人には判断つきかねるところですが、確かに今回がベストなタイミングだったようで、この日の収穫分が今までで一番おいしかったーhappy01

ちなみに、枝豆もトウモロコシも極めて鮮度が落ちやすい野菜だそうで、朝とって、すぐに茹でて食べるのがベストだとか。収穫して半日置くだけで、含まれる糖分ががたっと減ってしまうそうです。さすがに穫ってすぐに茹でるのは難しいけれど、朝穫った物を昼に直売所で購入して夕方に茹でて食べる、という形なら、かなり妥協できるかと。でも、普通に仕事してたらそれも難しいよね。。。gawk

今回の収穫量は、前回量に加えて、とうもろこしと枝豆が3割増という感じ。大量ですcoldsweats01

さて、春から参加していた体験農場も次回が最後となりました。次回はどのくらい穫れるかな???

2015年8月 3日 (月)

秋のワークショップ開催決定!

お待たせしました。秋のワークショップ開催日が決まりました。

10月4日(日)です。

10時からは、自分の持ち味を通じてキャリアを考える「ミライをつくるワタシになる!」、13時30分からは、アートの力でなりたい自分をイメージする「引き寄せるワタシになる!」です。どちらもお申し込み受付中ですので、ご興味ある方はお早めにどうぞwink

そして1点お知らせです。

「引き寄せるワタシになる!」で提供していた「はじめて割」は、この10月4日の開催をもって終了します。今後は通常の受講料になりますので、もし割引をご希望の方がいらっしゃったら10月の回にご参加くださいませ。

以上、宣伝でしたーwink

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »