« 東京野菜 | トップページ | 東京畜産 »

2015年9月 2日 (水)

東京果物

東京の農業に関する講義の中には、果樹に関する説明もありました。

意外ですが、東京では果物も作っていて、最も多く生産されている果物は梨だそうです。確かに調布から稲城に向かうと梨の直売所が多いよねwink

ほかに、柿やブドウや栗、島の方ではパッションフルーツも栽培されてます。キウイは三鷹で、ブルーベリーも多摩地区の一部で多く栽培されているそうな。しかもキウイは東京独自品種があるとか。

へええ、知らなかったよ。。。catface

そしてこの日、試験農場で果樹栽培エリアを見学させてもらったのですが、木の仕立て方も見慣れぬ形で驚きましたcoldsweats02

いちじくや梅は、実を取りやすくするために低い位置から枝を横に伸ばし、L字型のように仕立てていました。柿も実を取りやすくするために、低い位置で枝分かれさせて、丈低くするのだそうです。

庭木として自然に育てるのと、商品作物を得る土台として仕立てるのは、根本発想が違う! 当たり前なんだけど、実例を目にして説明を受けるまでまったく思い至りませんでした。やっぱり果樹でもそれで収益を上げようと思ったら、作業効率とか、未収穫ロスとかを考えなくちゃいけないのね。。。果樹園というとなんとなくのどかなイメージがあるけれど、実際はそれに反して工業生産っぽいところが、大変興味深い。

そして果樹の管理は、盆栽の育て方と共通するところが多いというのも、なんとなく納得。木そのものを大きくするのではなく、木よりも実に栄養が回るようにするノウハウが同じなのだそうな。へええ、そうなんだーcatface

あとは、今まで静岡が北限と言われてきた温州みかんですが、地球温暖化の影響で東京近郊でも栽培できるんじゃないかということになり、今、適応性を実験中だそうです。そのうち東京みかんとか出てきそう。

果物という観点から東京の意外な一面を知ることができて、とても勉強になりました。この分野、おもしろいねーhappy01


« 東京野菜 | トップページ | 東京畜産 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/62204094

この記事へのトラックバック一覧です: 東京果物:

« 東京野菜 | トップページ | 東京畜産 »