« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月25日 (金)

ボランティア認定

夏前から受講している農業ボランティア養成講座ですが、この度、閉講式を迎えました。半年弱という短い期間でしたが、講義に、視察に、農作業手伝いにと盛りだくさんの内容で、特に農作業手伝いは、近隣大農家に割り振られての実作業で、毎回とても楽しい上に、大いに勉強になりました。

つい昨年、体験農場に参加するまで、農業とはまったく接点のなかったワタクシ。。。coldsweats01  市内にこんな広い農地があったのかと驚き、そこで作られている野菜の種類の多さに驚き、さらにはボランティア報酬としていただいて帰る新鮮野菜のおいしさにも驚きました。

実は生の落花生も里芋もボランティアでわけてもらったもの。

多少ぎっくり腰になったりすることはあるものの、そんなの作業の楽しさや収穫の喜びに比べたら安いもんです。

その養成講座ですが、一定以上出席すると、晴れて東京都の援農ボランティアとして認定されます。別に認定されたからどうということはないのですが、閉講式では認定証の授与が行われました。

こーんな立派な認定証が一人一人に、なんと市長から手渡されます。たかだかボランティアの認定証なのに恐縮です。。。


認定証

それにしても、この認定証の原資は(いろいろ巡ってきた)税金ですよね? こんな立派なカバーは結構でございますよ。

認定証

こっちの紙モノだけで十分でございます。そしてわざわざ市長から手渡されなくても満足でございます。。。

認定証をもらってこれでおしまいではなく、今後も今のボランティア先で作業を継続してよいそうなので、そうするつもり。冬から春にかけての作業は未体験なので、ちょっと楽しみ。アスパラガスに、にんじんに、たまねぎに、とすでに頭の中は収穫イメージでいっぱいcoldsweats01

そういえば、閉講式の後の懇親会で思わぬ情報を入手しました。

現在公開中の山田洋次監督の映画「母と暮せば」に、とうもろこしが出てくるシーンがあるのですが、そのトウモロコシは、三鷹市某所の農家が供出したものだそうです。供出したご本人から話を聞きました。驚いたーcoldsweats02


2015年12月 7日 (月)

里芋の芋掘り

SOHOフェスタが終わって数日後、里芋の芋掘りをしました。

これが人生初の里芋掘り!

気合いが入り過ぎたのか、フェスタ関連での体力消耗がよくなかったのか、はたまた日頃の鍛錬不足の帰結なのか、芋と土の塊を持ち上げた瞬間に、クキッと腰の当たりに衝撃が!

いわゆる一つのぎっくり腰です。。。shock

幸い軽症だったようで、気をつけながら日常生活を送るうちに良くなりましたが、久々の衝撃に驚きました。。。

それもそのはず。この里芋掘り、すごい重労働なんですcoldsweats02

里芋は、茎を切ってから土中の芋を掘り出すのですが、湿った土で育つため土が重い。しかも芋と密着して大きな塊を為しています。サツマイモやジャガイモのように茎をひっぱっても抜けないんです。。。

そこで登場するのが鍬と鋤。両方のコンビネーションで土の中から塊を掘り起こします。掘り起こしたら、次は塊をゆすって余分な土を落とし、ざっくりと芋をほぐしていきます。さらに一つ一つにほぐして、よぶんな泥を落としてようやく出荷準備完了。

こう書くと簡単そうですが、実はどの工程もかなりの重労働。鍬も鋤も大変だし、塊から土を落とすのもほぐすのも結構大変。だって一つの塊が軽く10キロ超えるレベルですもん。

すると、畝の途中から現代重機が入りました。

なんとパワーショベルでごっそり土を掘り返していくではありませんかcoldsweats01

テクノロジー、有り難し。テクノロジー、万歳。そうだよねー。家庭菜園の1本2本なら人力でどうにかなるけれど、何十本とあったら重機の力を借りないと無理だよねー。。。

しかし掘り起こした後の作業は引き続き人力なので、そこは大変なままなんですけどねcoldsweats01 

ただ、この作業をしながら、どうして里芋が縁起物としておせち料理の煮物に入るのかがよくわかりました。

子孫繁栄が半端ないcoldsweats02

一つの親芋に、ものすごい数の子芋がつきます。これを見た昔の人が、里芋の子孫繁栄力にあやかりたいと思って縁起物にしたんだろうね。思わず微笑ましい気持ちになりましたhappy01 腰は痛いけどね。。。


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »