« 里芋の芋掘り | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2015年12月25日 (金)

ボランティア認定

夏前から受講している農業ボランティア養成講座ですが、この度、閉講式を迎えました。半年弱という短い期間でしたが、講義に、視察に、農作業手伝いにと盛りだくさんの内容で、特に農作業手伝いは、近隣大農家に割り振られての実作業で、毎回とても楽しい上に、大いに勉強になりました。

つい昨年、体験農場に参加するまで、農業とはまったく接点のなかったワタクシ。。。coldsweats01  市内にこんな広い農地があったのかと驚き、そこで作られている野菜の種類の多さに驚き、さらにはボランティア報酬としていただいて帰る新鮮野菜のおいしさにも驚きました。

実は生の落花生も里芋もボランティアでわけてもらったもの。

多少ぎっくり腰になったりすることはあるものの、そんなの作業の楽しさや収穫の喜びに比べたら安いもんです。

その養成講座ですが、一定以上出席すると、晴れて東京都の援農ボランティアとして認定されます。別に認定されたからどうということはないのですが、閉講式では認定証の授与が行われました。

こーんな立派な認定証が一人一人に、なんと市長から手渡されます。たかだかボランティアの認定証なのに恐縮です。。。


認定証

それにしても、この認定証の原資は(いろいろ巡ってきた)税金ですよね? こんな立派なカバーは結構でございますよ。

認定証

こっちの紙モノだけで十分でございます。そしてわざわざ市長から手渡されなくても満足でございます。。。

認定証をもらってこれでおしまいではなく、今後も今のボランティア先で作業を継続してよいそうなので、そうするつもり。冬から春にかけての作業は未体験なので、ちょっと楽しみ。アスパラガスに、にんじんに、たまねぎに、とすでに頭の中は収穫イメージでいっぱいcoldsweats01

そういえば、閉講式の後の懇親会で思わぬ情報を入手しました。

現在公開中の山田洋次監督の映画「母と暮せば」に、とうもろこしが出てくるシーンがあるのですが、そのトウモロコシは、三鷹市某所の農家が供出したものだそうです。供出したご本人から話を聞きました。驚いたーcoldsweats02


« 里芋の芋掘り | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568027/62936069

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア認定:

« 里芋の芋掘り | トップページ | 今年もよろしくお願いします »