ワイン

2012年9月25日 (火)

ブラインドテイスティング

業界的な諸事情あって、9月はあちこちでワインのブラインドテイスティングイベントが開催されています。先日、そのうちの1つに行って来ました。

この日テイスティングするワインは全部で10種類。赤5種、白5種です。

白ワインか赤ワインかという違いは、色合いで一目見てわかりますが、赤同士や白同士の微妙な違いはぱっと見てもわかりにくい。

ほら、ほとんど全部同じ色に見えるでしょ?

Wine

ブラインドテイスティングでは、まず色調を見て、香りをかいで、味わって、それがどんなブドウで作られた、どこの国の、いつ頃のワインかを推測します。

たとえば、同じ赤ワインでも、よく観察すると、オレンジがかった赤なのか、紫っぽい赤なのかの違いがあります。その違いの原因は、ブドウ品種だったり、古いか新しいかの違いだったりします。さらに香りには、ブドウ品種由来の香り、熟成由来の香り、樽由来の香り、産地の違いなどがあって、もっと複雑です。

で、そういう違いを一つ一つひも解きながら品種や産地を推測していくのですが、これがまったく当たらない! もう、まったく、かすりもしませんcoldsweats02 アーチェリーや弓道だったら、的から遠く離れた裏山に矢が落ちてしまうレベル。。。人間の嗅覚や味覚がいかにたよりない感覚なのかを実感します。

この日出た10種のうち、なんとか品種と産地を特定できたのは、白2つ、赤2つ。まだまだ遠峰一青のレベルには及びもつきませぬ...

ちなみに、漫画だと一口飲んで「むむ、これはシャトー・ムートン・ロートシルト、1982年」とか言えてしまうのですが、現実にはそんなことはないですから〜!!! とあるワインコラムによると、国際ソムリエコンクールのファイナルでも、品種すらかすらないことが多々あるそうです。

まあ、まったくかすりもしないのですが、それでもこの推測の過程は楽しいのですよ。ワイン好きが集まって「いや、この色調はシラーズでしょ」とか「でもタンニンのきめ細やかさがメルローだ」とか、ぐだぐだ言いながら飲んでいる時はとても楽しいですcoldsweats01

この日のワインはこちら。すべてブドウ品種が異なった10本で、産地もいろいろ。楽しかったですhappy01

Bottle

2010年11月30日 (火)

週末ワイン(2010/11/28)

この間白ワインを飲んだので、今日はスペインの赤「Ochoa Garnacha & Temperanillo 2008」。お手ごろ価格のデイリーワインです。

帰りが遅くなったので、途中にあるFLOでデミグラスソースハンバーグを買ってきました。ちょっと甘くて酸っぱいデミグラスソースによく合います。気取らない普段の食卓って感じ~ catface

2010年11月24日 (水)

休日ワイン(2010/11/23)

近年とてもおいしくなってきた日本のワイン♪ 繊細で儚い風情のものが多く、和食に合いそう。

今回は笹一酒造の「甲州シュールリー 2009」に、白菜と豚肉の重ね蒸し鍋をあわせてみました。二十世紀梨を彷彿とさせる控えめな酸味とべたべたしない甘みが、淡白な味の鍋によく合います。

1124

締めはチーズ入り雑炊。ワインだからと思ってチーズを入れてみましたが、繊細なワインにはちと荷が重過ぎました。チーズなしでもよかったなー。

2010年11月23日 (火)

週末ワイン(2010/11/21)

祝・ボジョレーヌーボー解禁(^^)

今年は、ボジョレー地区ビオワインの父とも呼ばれるマルセル・ラピエールのヌーボーを飲みました。

ワインは、無濾過ならではの土っぽさに溢れ、大きな農家の納屋みたいな雰囲気。まさに自然派think  たぶん、ジョルジュ・デュブッフの華やかで洗練されたヌーボーの対極かと。

今回は鶏肉のローストをあわせてみました。りんご入りです。

食べかけ・飲みかけの図で失礼

Wine

奇しくも、このワインはマルセル・ラピエールの遺作となってしまいました。10月に亡くなられたそうです。

そういえば、以前飲んだ彼の「Morgon」、おいしかったな。惜しい人を失いました・・・ 合掌。